読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掌編/激流 〜そのとき、彼等は隼となった〜

2017.3.7 私小説 玉虫色に表面をコーティングされた非球面レンズが、そのクリスタルな透明感を余すところなく利用して、彩り豊かに蒼い空と白き綿雲を映し出している。重厚なボディに装着されたグレーの鏡筒は、まるで市街戦で敵を狙う迫撃砲のように妖しく…