読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑感/キャンピングカーの比較研究 〜大は小を兼ねるのか〜

お手数ですが、押して頂ければ幸甚です。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

f:id:acsekitori:20160913012839j:image

2016.9 エッセイ

どうも、acsekitoriです。

夜中に目を覚まして小用に出たら、隣にキャブコンが増えてました。バンテックのZIL520ですな。

ここで、眼をこすりながら日本に於けるキャンピングカーの2大勢力、キャブコンとバンコンの比較をしてみたいと思います。眠たいので、極くシンプルに。ちなみに、私はどちらも所有した事がありますので、遠慮なく本音で書き綴ります。

キャブコンのメリット

・なんちゅうても広い。車内で立つ事ができ、着替え時にかなりのストレス軽減になる

・トイレやシャワーが常設しやすく、雨天時や厳冬期車中泊に有利

・バンクベッドやリアの常設ベッドなどを活用すると、リビングのテーブル&シートを片付けずに就寝できる←これが最大のメリット

・居住部にFRPを使用し、断熱材を入れるため夏冬の断熱に有利

・8ナンバーの取得要件を満たす←現在、税制上の恩恵はほとんど無くブランド的な要素高し

バンコンのメリット

・高出力のボディを使用する事により、高速道路や登坂時に快適

・コインパーキングや郊外型ショッピングモールの駐車場に止めやすい

・ポップアップやルーフ増設をしていないノーマルボディの場合、雨漏りが殆ど無い

・外見が乗用車に近いため、目立ちにくい←オレ様はキャンピングカーに乗ってるで自慢をしたい方にはデメリット

・上位グレードを使用した場合、車内居住時の静粛性が高い←特にSAでの大型トラックのアイドリング音、及び豪雨時のルーフを叩く雨音に対して有効←車内で鼻歌を歌っても外部に悟られにくい

・ガソリン車をセレクトし易いので、大都市圏で登録するのに優位

・自作し易い

それぞれ、デメリットはひっくり返すと出てきますね。ま、一長一短あるってことですな。おしまい。