旅日記/ロングキャラバン 〜お土産は、笑顔でいいのお父さん〜

お手数ですが、押して頂ければ幸甚です。にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

f:id:acsekitori:20161007000526j:image

2016.10.6 車中泊旅日記7日目

どうも、acsekitoriです。

台風被害にも遭わず、最終日を迎えました。快晴のもと、いつもより早く9時に出発しました。ここは瀬戸内沿いの温暖な気候の土地ですが、明け方は少し寒いくらいでした。日中との寒暖差が激しい季節になりましたね。

f:id:acsekitori:20161007000908j:image

うろこ雲のような私の人生にピッタリの秋空です。しかし、山口県内のR2は走りやすい。対岸の北九州市は人混みで溢れ、大渋滞が日常茶飯事なのに本州入りした途端にがら空きです。

こうして下道をのんびりと走ると、地域の特色や気候風土の違いを体感する事ができます。これこそが旅の真の醍醐味ではないでしょうか。

f:id:acsekitori:20161007001506j:imagef:id:acsekitori:20161007011028j:image

広島県に入り、安芸の宮島を対岸に眺めながら走ります。広島らしいカラーのコミュニティバスとすれ違います。高速道路ではこんなのにはお目にかかれないでしょう。

世界遺産の宮島厳島神社。一度は妻を参拝させてやりたいのですが、いつも先を急ぐ中間点なので足早に通り過ぎるばかりです。つぎはもっとゆっくりと広島辺りを攻めましょうか。

f:id:acsekitori:20161007001849j:image

大都会、広島市です。広島西バイパスは自動車専用道路なので、快適ですよ。もちろん無料です。終点でペケを発見。1300ですが。高速では楽そうですね。そろそろ大型に乗り換えようかな。

私は、政令市を含めて地方都市が大好きです。全国47の都道府県庁所在地をほぼ回りましたが、居酒屋にも数多く入りました。

地元のオリジナルな店が見つからなくて仕方なくチェーン店に入っても、酒を飲んで語り合っている地元の人の会話を聞いていると、こちらが加わらない時でもその土地に住んでいる気分に浸れるからです。

資金が乏しい時はSAや道の駅で車中泊ですので居酒屋は無理ですがね。それでも、その土地固有のスーパーで地元のものを買うようにしています。

 

f:id:acsekitori:20161007002036j:image

広島市を抜けると、再びカントリーロードに戻ります。地方は都会と田舎のオンオフがはっきりしていますね。大都会から空いていれば10分も走れば、もう長閑な片田舎です。

時間の都合でバイパスを多用してしまいますが、旧道を赤信号に苦しみながら走り通すのが本来の旅かもしれません。いずれヒマとカネの両方を手にする事があるならば、そのような放浪を是非とも実行してみたいです。

f:id:acsekitori:20161007003803j:image

実は4日前に福山でスーパー銭湯に入った時、ボディソープを浴室に忘れてきたんですよ。シーブリーズの詰め替え用をたっぷりと入れたばかりなので、その落胆ぶりはがんの告知以上だったかもしれません。

それで、同じ道をUターンして帰っていますので、念のために受付嬢に訊いてみました。日付けを言い、青いのん、忘れた。と申告するとこちらですね!と直ぐに持ってきてくれました。天は我を見放さず。ゆららの湯万歳!

f:id:acsekitori:20161007004408j:image

今日は帰宅するので忘れ物だけ受け取って風呂には入らず、近くのはなまるうどんでおろし醤油大を食べて速攻で走り出します。長距離ドライバーそのものですな。

これは東福山の画像ですが、この都市は広島県最東部の中規模都市なんです。実はこの市、東福山と西福山に完全に分断しており、山陽道のICもそれぞれあるくらいに離れており、間には峠まであります。京都府舞鶴市と似た感じですが、こちらの方が都市規模が大きいだけに分断の不便さが伺えます。

しかし、この画像のように大手全国チェーンの店舗がぎっしりと建ち並んでいると、最早どこを走っているのかわかりません。住民にとっては安く安定した消費につながるでしょうから、単なる旅人がその是非を論じることはできませんが、やはり旅の情緒はどんどん失われてきています。

それを求めるなら、ローカルな雰囲気を残した鉄道駅や漁港、山間部の鄙びたマーケットなどを訪ねるしかないですね。私はできる限りそうします。

f:id:acsekitori:20161007005304j:image

岡山のコンビニで昼寝をして起きてみると、すっかり夜の帳が降りていました。秋の夜は釣瓶落とし。写真は思いっきり端折ってますが、相生から姫路・加古川と順調に、しかし時間はかかって東進は続きます。

兵庫県に入れば庭みたいなもの。気分は定期便ドライバーで、もうカーナビも必要ありません。

この旅の最初に右往左往した神戸に別れを告げ、阪神高速に身を預けます。

 

妻から出発時に何時頃に帰宅できるか尋ねられて、23時頃と答えていたのですが、マンション前に着いたのは23:01分でした。惜しい!この到着時間推定能力は、日本一かもしれません。今まで10分以上外したことはないでしょう。そんな仕事ないかなぁ?

 

目的だった墓参も済ませて、旅気分も満喫。無事故無違反で、素晴らしい放浪が完了しました。14時間の運転で流石に身体は疲れていますが、心は完全にリフレッシュできました。

 

来週は仕事ばかりですが、後半には大学山岳部のOB会を近郊のキャンプ場で行います。それまでに疲れを取らなくっちゃ!

2016.10.6 道の駅ソレーネ周南〜岩国〜広島〜三原〜尾道〜福山〜倉敷〜岡山〜相生〜姫路〜加古川〜明石〜神戸〜西宮〜大阪〜東大阪〜居住地