新車中泊クルマ改造記/バックカメラ&モニタ取付 〜安全のため後ろを見易く〜

f:id:acsekitori:20180119220825j:plain

2018.1.19 自作キャンピングカー製作日誌

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

昨日装着するはずだったバックカメラとモニタを仕事の合間に取り付けました。

これが意外と手間取り・・・。

 

f:id:acsekitori:20180119221438j:plain

これはバックカメラの配線なのですが、グラからの流用ではなく、去年3月に売却したBMW318iツーリングからの流用品です。

グラのカメラを使わなかった理由。

電源がナンバー灯から直接配線するか、後方のシガーソケットを使う仕様なのですが、グラのときは後方にシガーソケットがありませんでしたから、シガープラグにバッテリーからDC電源を取り出すソケットパーツに鰐口クリップを挟み、長い車内を横断してフロントのシガーソケットから電源を得る、とのなんともややこしく不安定な方法だったからです。

BMに使っていたカメラは配線が直結でき、シンプルに前方のシガーソケットまで配線を伸ばせるのです。しかし、広くなったとは言え狭い車内で、足をひっかけないように配線を取り回して固定するのに案外時間を食いました。

 

f:id:acsekitori:20180119222234j:plainf:id:acsekitori:20180119222154j:plainf:id:acsekitori:20180119222335j:plain

これが完成したバックカメラと配線の一部ですが、これが約4mある車内を延々とダッシュボードのシガーソケットまで続きます。

途中でサブバッテリーからの配線やソーラーパネルの配線も合流しますので、ショートやリークが起こらないよう、万全の取り回しと接合部の絶縁・養生を行いました。この配線作業は、家具類を設置してからではできませんので、キャンピングカーを自作する場合は配置の設計とともに、作業の順番も念入りに考慮する必要があります。

いきあたりばっ旅人生の私ですが、オートバイやキャンピングカーの作業は念入りに計画します。思いつきで突入したり、その場しのぎでやり過ごすと、後で苦労するのは自分ですからね。

これで、電装関係のうちフロント部分の取付は全て終わりました。

フロントウインドウ周りの内訳は、右上から反時計回りに、5インチカーナビ・ドライブレコーダー・ 下がってレーダー探知機・9インチバックモニタ・2DIN MD/CDデッキです。

画像にはありませんが、停泊時に仕様するソーラーパネルの配線も終わりました。

 

f:id:acsekitori:20180119222941j:plain

この後、ベッド下のカラーボックスの1区画に、サブバッテリー二体を納めます。

今日の作業はここまで。配線作業は、夕方暗くなってから行うのはショートする恐れがあり、たいへん危険です。

 

f:id:acsekitori:20180119223145j:plain

f:id:acsekitori:20180119223210j:plain

f:id:acsekitori:20180119223237j:plain

f:id:acsekitori:20180119223256j:plain

晩飯の後、室内で軽作業。

これはリアのカウンターに使う、イヌマキの原木です。以前、軽バンの自作キャンピングカーで使っていたのですが、汚れがひどかったのできれいにしました。

両面テープで百均のドリンクホルダーやスマホホルダーなどを接着していたのですが、両面テープ、付けてる間は便利ですが、ブツを取り去った跡が汚くないですか?

ベタベタと糊が残って、毛髪やホコリをたっぷりと吸着しています。ここで登場するのが、百均の中でも私の大のお気に入り、シールはがし液です。

魔法のように、ベタベタの糊がきれいに取れて行きます。

プチプチを一つずつ念を込めて潰すが如く、溜まりに溜まったストレスがすっきり雲散霧消しますよ。いかがですか?そこのあなた。

しつこくクドいですが、我が夫婦は相思相愛の両思いですので、夫婦関係のストレスは溜まりません。

では、なんのストレスか?

ツーリングやキャラバンに行けないストレスですよ〜〜。

 

さあ、明日もストレス解消のためにキャンピングカーを自作しよう。

2018.1.19

新車中泊クルマ改造記/キッチンベース改良&オイル交換 〜三歩進んで二歩下がり〜

f:id:acsekitori:20180118193833j:image

2018.1.18 自作キャンピングカー製作日誌

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

 どうも、シバク・ドワレです。

 

ロケバンの作業も4日目を迎えました。昨日とは一転して好天に恵まれています。しかし、好事魔多し。昨日作ったキッチンベースが、裏の合板の薄さにより少しぐらつくのです。

 

f:id:acsekitori:20180118190150j:image

f:id:acsekitori:20180118190232j:image

重たい冷蔵庫などを載せて走りますので、安全のためには手間を惜しんではなりません。

早速組み上げた脚を取外し、1×4材で補強します。ついでにL字金具を追加して万全を期しました。この作業により、私が乗っても大丈夫なくらい安定しましたので、もう大丈夫でしょう。

 

f:id:acsekitori:20180118190526j:image

ベース台の下には、特大RVボックスがすっぽり収まります。

この中には、発発(発動機式発電機)・ガソリン携行缶・ポルタポッティ(キャンピングカー用車内トイレ)が入っています。RVボックスの奥側は車輪になっていますので、クソ重たい割に引き出すのは容易です。

 

f:id:acsekitori:20180118190955j:image

f:id:acsekitori:20180118191022j:image

運転席とキッチンベースの間には、グラから流用するギャレーがきれいに収まりました。

この小さな手洗い台が有ると無いので大違い。必要無い方もいらっしゃるでしょうが、常に手洗いうがいの励行を義務付けられている私には必携です。ビールから焼酎に変えるときにタンブラーをすすげますしね。

 

今日は仕事をしてからでしたので、時間が足りませんでした。生活設備はこれくらいにして、同時進行でこなしている運行安全点検とメンテナンスに切り替えます。

 

f:id:acsekitori:20180118191726j:image

f:id:acsekitori:20180118192134j:image

中古車を買ったら必須項目の、エンジンオイルとエレメントの交換にきました。

私はディーラーや大手中古車店では四輪を買いませんので、自己責任でメンテをしなければなりません。二輪も四輪も、エンジンオイルは血液ですからね。梗塞を起こさないよう、マメな交換により寿命が延びて燃費も良くなります。

 

本日はここまで。

早くキャラバンでキャラバンに行きたいなぁ。

2018.1.18

 

 

新車中泊クルマ改造記/ベッド&キッチンベース作製 〜愛の巣は着々と進化を遂げる〜

f:id:acsekitori:20180117174205j:image

2018.1.17  自作キャンピングカー製作日誌

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

新キャンピングカー自作3日目。予報通り、冬の雨です。けっこうな降りかたですが、まだグラを残してありましたので、昼間は空いている月極駐車場に2台を横並びにしてグラを資材置場にしました。

今日の夕方にはグラを売却予定ですので、雨天の中強行します。

デカいクルマ2台ですから、片方に資材や備品を置くと、本体の作業がとてもやりやすい。荷物の移動も、両方のリアゲートを開けて屋根にすると、ほとんど濡れません。

 

f:id:acsekitori:20180117174737j:image

f:id:acsekitori:20180117174801j:image 

f:id:acsekitori:20180117180427j:image

f:id:acsekitori:20180117180345j:image

f:id:acsekitori:20180117180440j:image

今日はまずベッドを作ってグラからの流用品を完成までの間積むスペースを確保します。

これがマンション住まいの辛いところ。戸建で玄関前に車があるのなら、こんな苦労は不要ですね。

既に昨夜、ベッドのベースとなるカラーボックスの類いを設置済ですので、ベッド前部はマットを被せるだけです。今回のテーマは「昭和の居間」ですので、極力シンプルかつ衣食住総てをその場所で賄えるように設計しました。

ベッド下は3つのボックスからなる収納スペースになっており、前のカラーボックスと後ろのテレビ台は高さが30cmのものを古道具屋で吟味して揃え、中央のカラーボックスはそれより2cm低いものがたまたまありましたので購入しました。以前のように脚や根太のベッドベースは作らず、そのカラーボックスとテレビ台が前後でベッドマットを支えています。

これですと天井までのスペースをより多くとれますし、蓋の役をしているベッドマットを外すとダイレクトにボックスの収納部分へアプローチできますので、雨の車中泊などで重宝することでしょう。

後方に見える木材の床は、本当に昭和から使用し続けていた卓袱台の天板です。この板にだけ脚を二脚付けて、片方はタイヤハウスのカバー兼物置に木材を置き、高さを調整してあります。実車を採寸するはるか前に、画像を見て想像していましたが、ほぼ当たりました。

脚などは従前の自作車からの流用品が2cm刻みくらいで在庫してありますので、ノコギリ不要です。一番下の画像手前にあるミニキャビネットは仮置きで、頭の邪魔になりますからどこかに移動させます。

リアシートの関係で、ベッドが狭い!広いところで110cm、狭い部分は100cmです。乗車定員を変更したくないので、こればかりはどうしようもありません。二段ベッドも考えましたが、せっかくの広い空間を犠牲にしたくなかったのでやめました。

我が夫婦は愛し合っていますので熱き抱擁で冬の雪は融かしますが、夏は互いの体温で地獄が待ち受けているでしょう。

 

 

f:id:acsekitori:20180117180815j:image

f:id:acsekitori:20180117180831j:image

次に、ダイニングキッチンのベースを作ります。

これは古道具屋で仕入れた、推定40年ほど前に作られたであろう、座敷用座卓の脚を取り払ったもので、表面はメラミン加工されています。105×75ありますので、このままテーブルとして使用できれば優雅な食卓になるのですが、この上には冷蔵庫と収納台が載り、運転席後ろにはギャレーが鎮座しますので、テーブルのスペースとしては半減します。

車内の床前部に、セカンドシートを収納するための10cmの段差がありますので、こいつの脚だけは現物合わせでで2×4を鋸切りしました。

 

今日の作業はここまでです。

 

f:id:acsekitori:20180117192712j:image

f:id:acsekitori:20180117192729j:image

遂に、グラが使命を終える時がやってきました。

大手中古車買取業者では値段が付かず、逆に処分費用を2万ほど請求されるとの事。そんなアホな事はしません。

せっかくの巨体、廃車買取業者に依頼しない手はありません。鉄の価格は安定しているようで、近場の業者で約5万で引き取ってくれました。2万払うか、5万貰うか。差は歴然ですね。

自動車としての役目は終わりますが、エンジンは外国に売られ、ボディは鉄として再利用されるでしょう。妻は少し感傷的になっていましたが、私は四輪は道具と割り切っていますので、そんなものだと思っています。ただ、決して愛情を注いでいないのではなく、メンテには念を入れていました。

20万で買って自分たちに使いやすいキャンピングカーに仕上げ、約四年使って5万で売れるのなら万々歳です。

 

さあ、明日はいよいよキャンピングカー核心部の製作です。

たっぷり寝て鋭気を養おう。

2018.1.17

新車中泊クルマ改造記/初めまして、ロケバンです 〜ありがとうグラ、よろしくキャラ〜

f:id:acsekitori:20180117012019j:plain

2018.1.17 自作キャンピングカー製作日誌

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

2ヶ月半、待ちに待ち焦がれた次期マイカー、ニッサンキャラバンE25 スーパーロングハイルーフディーゼルターボインタークーラー4WD後期型が、1/15に予定通り納車されました。

契約から納車までこんなに長くかかったのは初めてですので、少々相手方の与信に懸念もありましたが、それは先方も同様。

お互いの信頼があってこその取引でした。

 

f:id:acsekitori:20180117000747j:image

f:id:acsekitori:20180117000608p:image

市役所で仮ナンバーを借り受け、京阪特急に乗って大阪市内へ。地下鉄と阪急に乗り換え、兵庫県のディーラーに辿り着きました。

残金を支払い、書類を貰って大阪運輸支局へ直行します。早く自分のクルマにしたいですからね。 

 

f:id:acsekitori:20180117001048j:image

50kmほど走ってみましたが、極めて快調です。ディーゼルターボに乗るのは10年ぶり。2,000回転まではトラック並みの加速ですが、2500回転くらいから急にターボが効き始めます。

つまり、ターボを使わないような運転を心掛けると、かなりの高燃費が期待できます。

 

ちなみに最後のディーゼルクルマは、ミツビシデリカスペースギアロング4WDでした。

車内をキャンピングカーもどきに改造したり、新雪をスノーアタックしたりして、楽しい思い出たっぷりのクルマでしたが、NOXpm法に引っかかってあえなく50,000円で旅立ちました。

 

運輸局に受付終了ギリギリに滑り込み、慣れた手順で移転登録を進めます。今回は他府県からの購入ですので、ナンバーが変わります。抹消してありましたから、当然ですが。

 

さあ、無事に登録を済ませたら、オートバックスのネット通販で予約していたETCの取付に向かいます。これはスタッフ任せなので、ただ仕上がりを待つだけ。本体価格、取付工賃、セットアップ料金総て込みで¥10800でした。

キーレスが付いてないより、ETCがない方がはるかに楽です。汎用のキーレスセットを自分で取り付ける作業は、1日がかりでとんでもなく邪魔くさいからです。

キーレスは純正のがちゃんと付いていました。

 

ETCも当初はグラより移設しようかと思いましたが、再セットアップ料金とセルフ取付の邪魔くささを鑑みると、この代金なら頼んだれ!となりました。

他に内装や電装工事が山ほどありますからね。

 

この日は、これにて日没終了。

 

f:id:acsekitori:20180117002505j:image

明けて1/16。

このクルマはどノーマルですので、いじるところはたくさんあります。

まずは、いかにもチープで滑りやすい純正のステアリングに、カバーを付けましょう。

 

f:id:acsekitori:20180117002734j:image

サイズは適合しているのですが、初めてトライする方はそのあまりのパツパツさに、サイズ違いを買ってしまったのか?と面食らうでしょう。

上の方から被せるのですが、半分くらい被せたところでもう限界か?と思わせる小ささです。

それを頑張って引っ張り、ドライバーのお尻などで突きながら、進めて行きます。

上の画像辺りが正念場。

 

f:id:acsekitori:20180117003103j:image

最後のひと引っ張りを終えて、ようやく総てがかぶさりました。新古品なんですが、肉厚でグリップ部も広めになっており、握り具合は上々です。

純正ステアリングだと握りが甘くて、車庫入れやタイトなコーナーに苦労しましたが、これを付けると違う車のようです。千円の投資の価値はあります。

 

f:id:acsekitori:20180117003507j:image

次に、車内をいかにも業務用に演出している、標準のラジオをCD MDの2DINデッキに交換しましょう。

 

f:id:acsekitori:20180117003705j:image

f:id:acsekitori:20180117003752j:image

このキャラバンE25 のフロントパネルは、私が乗ってきた20数台の歴代愛車の中でも、ダントツの外し易さでした。

どこかで見たことのあるコテを使い、上をチョコっとよじるだけで簡単に爪が外れ、後は手前に引っ張るだけです。

 

f:id:acsekitori:20180117004042j:image

純正ラジオに付いていたサイドプレートをADDZESTに付け替え、ピタリ合う穴にボルト止めします。

専用のハーネスもセットで付いてきとりましたので、ただ差し込むだけ。もちろん本体共々、セコハンです。リモコンを別買したので合わせて¥4500ほど。

 

f:id:acsekitori:20180117004549j:image

この機種のメリットは、カラーディスプレイのバリエーションの豊富さと、AUXケーブルが外に出せる点です。もちろん、外部機器のイヤホンジャックに差し込むオスオスのケーブルが必要ですが、それは以前から所有していました。

このケーブルを出すことによって、iPhoneが簡単に接続できますので、CDを交換する手間が省けます。

 

f:id:acsekitori:20180117004830j:image

f:id:acsekitori:20180117004852j:image

取付は30分もあれば完了です。

赤橙黄緑青藍紫と、虹色に変化させることができますので気分に合わせて固定するか、次々と変化を楽しむかをチョイスできます。

私はデリカSGにも装着していましたし、このド派手な演出が気に入っているのですが、妻からは「ヤンキー仕様?」と揶揄されてしまいました。

 

f:id:acsekitori:20180117005318j:image

f:id:acsekitori:20180117005336j:image

f:id:acsekitori:20180117005355j:image

前後しますが、これが架装前の後部客室です。

車幅はグラより10cm狭く169cmになりましたが、車長がフェリーの航送料金が安いギリギリの499cmあり、後部客室長は310cmありますので、充分な広さです。

おまけにハイルーフですので、かなりゆとりがある車中泊ができるでしょう。

 

f:id:acsekitori:20180117005741j:image

この日は、前から持っている5インチのカーナビとドライブレコーダーレーダー探知機を取付たところで所用のため時間切れ。

 

ベッドのベースとなるカラーボックス類も搬入済ですので、明日からはキャンピングカーとしての本格的設備の架装に入ります。

 

当然業務にも使用しますので、ロケをするバンでロケバン。以後、宜しゅうお見知り置きを。

2018.1.17

 

 

 

愛の掌編 〜片側の雪 一緒ならかなり楽しい〜

f:id:acsekitori:20180113091944j:image

2018.1.13 私小説

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

-片側の雪-

「あ」

「ん?」

「玉子買うの忘れた」

玉子を買いに行ったのに。

よくあることだよね。

スーパーへ行くと、オバさんにぶつかられるのが嫌で、ボクの後ろに隠れるキミ。

内緒で大好きな魚肉ソーセージをカゴに入れて、ボクに叱られそうだから戻すところを見つかって、そんなものくらい買ってやるのに、と結局叱られるキミ。

耳あてから流れ出た長い髪が鼻をくすぐり、くしゃみが出そうで出ずに、目をショボショボさせるキミ。

キミと買い物に行くと、スーパーマーケットがテーマパークへと変貌を遂げる。

 

キミが入院2日目の朝、窓から外を見やると、古ぼけた街並みに屹立する黒い瓦たちの西側にだけ雪が残っていたよね。

もう、東側は朝陽が反射して怪しく輝いていたね。

「雪積もってるで」

それまで、昨日の検査で疲れ果ててぐったりと寝ていたキミは、目を輝かせながら飛び起きたね。

点滴台を移動させるのももどかしく、窓から青空と残雪とのコントラストを束の間楽しんだキミ。

「キレイなあ」

「こんな霜みたいなのやなくて、どっさり積もってるのをいくらでも見せに行ったるで」

「そんな寒いとこイヤや」

でも、行けば大はしゃぎで雪兎を作るよね。

 

あれは久留米だったかな、広めの家族湯に浸かったのは。

いつも女風呂に独りで向かうときは不安いっぱいで、せっかくの名湯でも二回に一回はボクだけ入ってキミは車内のベッドで寛いでいるよね。

「奮発して家族湯に入ろか」

「ウンウン、嬉しい」

「背中流して」

「大きいからしんどい」

内湯で長湯するのはてんかんに良くないから、露天風呂を一緒に楽しんだね。

 

持病が多くあると、日常の生活にも苦労するよね。

だけど、あまり愚痴を言わないキミ。

幼い頃から家族に邪魔者扱いされて、病気の辛さを口に出せなくなったんだよね。

もう、我慢しなくて良いんだよ。

ボクだって、病気は辛いさ。

でも、男だからね、黙って耐えてるのは。

出来るだけ一緒に風呂に入り、一緒に寝て、一緒に飲もうね。

キミは紅茶だけど。

 

今日、キミが帰ってくる。

キミの笑顔が帰ってくる。

たった四日間だったけど、一日千秋の生活だったよ。

でも、キミはこれをもっともっと長く耐えてるんだよね。

キミの強さはそんなところじゃないかな。

ボクが帰った後、キミはいじめられたね。

大声で人を罵倒したり、上から笑って小馬鹿にするなんて、負け犬の遠吠えだよ。

そんなオバさん、ボクがやっつけてやる。

実際、そのナースにはボクがたっぷりと説法したからキミは落ち着いて寝られたんだよね。

 

もう、怖がらなくてもいいんだよ。

ボクがいるからね。

キミを残して逝ったりしないさ。

ボクは妖怪とも閻魔様とも、野獣とも仲が良いから、いつもお願いしてるのさ。

「どうか、あの子を残さなくて済むように、共に立てなくなるまでは頑張らせてください」

とね。

キミがいるから、ここまでこれたんだよ。

これからも精一杯頑張るさ。

そんな頑張りくらいでへばっちゃうほどボクのメンタルは弱くないってこと、キミがいちばん良く知ってるよね。

 

キミが帰ってくる。

キミがボクを見つけて手を振りながら帰ってくる。

掃除機をかけなくっちゃ。

皿はいつも食べたら直ぐに洗ったよ。

洗濯はしてないや。

独りだと、あまり増えないからね。

 

明日からは、一緒に洗濯物増やそうね。

2018.1.13

 

雑感/妻のいない夜 〜こんな夜は、寂しい夜は〜

f:id:acsekitori:20180111195642j:image

2018.1.11 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

妻の入院、2日目。昨夜は感染症の可能性が否定できなかったため個室を充てがわれ、添い寝してきました。マスクとアルコール消毒で厳重警戒の上、簡易ベットにてシュラフで。

あったかいですな、病室は。

あ、しょっちゅう病室でキャンプして慣れてるんやった、いつも。

 

今日は検査の結果、感染症ではなかったので女性用大部屋へ引っ越し。当然夜は追い出されますので、帰宅しました。

早速、溜まっていた洗いもんを片づけて、皿うどんを作る久々に独身の私。

いや、なに、山やキャンプでいつも中華鍋を振るのは私ですし、さして苦労はしません。何事も、日頃の鍛錬が非常事態に役立ちますな。

 

さて、晩飯も終わり独りになる。

シーンと静まり返る部屋。

そうか、妻は私が入院中、いつもこのような寂しさを感じていたのですな。

 

私が反省する事でも無いのですが、彼女の心情がなんとなく判ったような夜です。

 

早く良くなれ、妻と私。

2018.1.11

妻の闘病記/入院 〜夫唱婦随、互助こそ夫婦の真髄〜

f:id:acsekitori:20180110124546j:image

2018.1.10 闘病記                                            画像:妻が撮った風景 北海道納沙布岬

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

いやあ、人生長く生きてるといろいろあるもんですな。

今度は妻が入院です。昨夜、突然の腹痛と下痢、下血。

一瞬ノロが頭を過ぎりましたが、今日受診すると、虚血性大腸炎の可能性大との事。

ノロだと私がとんでもない事になりますので、ひと安心です。

 

日頃は私の入院中、在宅して家事の総てをこなしてくれている、妻。今回は私の番です。

老骨に鞭を打ち、洗濯・掃除・炊事など頑張りますか!

雑感/音楽 〜聴くとき、聞きながら、紀行〜

f:id:acsekitori:20180105211227j:image

2018.1.5 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

音楽を聴くとき、貴方はどんな状況ですか?

私は寛ぐときはもちろん、忙しい時も妻の話を聞くときも、旅に出た時も聴いていたいです。

 

昨日退院して自由を得た私は今日、仕事始めの後、上の画像のパイオニアニコンポを個人売買で仕入れてきました。スピーカの角が宣伝シールを剥がしたときに禿げたそうで、激安でした。そんなこと、音の本質には無関係ですよね。

まだよくわからないのですが、BluetoothiPhoneと繋げるし、USBメモリで大量のMP3も聴けるようです。

 

f:id:acsekitori:20180105211522j:image

普段ホームバーでリスニングするときは、ONKYOをこんなBOSEのスタジオモニタで鳴らしています。しかし、今度車中泊のクルマを作り変えてそのチョビッと広くなる空間のために、ミニコンポを買ってみました。

しょせん、昔で言うところのラジカセ。

ろくな音鳴らさないだろうなと思っていましたが、いやいやどうして。

手持ちのジャズCDを鳴らしてみたところ、さすがパイオニアといったところでしょうか。ベッドを置いてある和室のベッドテーブルに置いてみたところ、想像以上の高音質です。都合四つのコーンから奏でられる音は、ふくよかな拡がりを壁に反射させて私の耳へと到達します。

密室、それも狭いほどこのようなミニコンポが実力を発揮するようですので、新キャンピングカーの音源としては否が応でも期待は高まるばかりです。

 

私がパイオニアと出逢ったのは、中学生の頃。

その頃心酔していたニューミュージックグループ、チューリップのLPを聴くのに、カセットテープにダビングしたラジカセの音では飽き足らず、親父に無理を言って当時の最高級のシステムコンポを買い与えてもらったのです。

こう書くと、単なる金持ちのドラ息子だと思われるでしょう。しかし、我が家は父こそ大企業の戦士でしたが、決して金持ちではありませんでした。中流の極み、学歴の無い父は相当苦労したと思います。

その思いを息子にはさせたく無いとの親心だったのでしょう。

私がカメラやコンポなど、芸術性の高い物品をねだると、喜んで買い与えてくれました。もう親父が鬼籍に入ってから10年の時が流れましたが、未だにその愛情は忘れません。いや、一生恩を途切らせる事は無いでしょう。

私が曲がりなりにもクリエイティブな職に就けたのは、総てその少年時代の教育のおかげだと思っていますから。

 

親父は、私が独立して実家を離れた後、そのパイオニアのコンポを駆使して晩年はクラシックと共に過ごしたようです。それも見越した上での自己投資だったのかもしれませんね。

 

私は写真家ですから、当然写真は芸術性の高いメディアだと思っています。

それに匹敵する、いやそれ以上に業務を離れて心を豊かにしてくれるのが音楽だと感じています。そのために音響設備にかなり散財はしましたが、悔やんではいません。良い音を聴くと、心が良くなるのを知っているからです。

文筆もそのひとつですね。

写真、絵画、音楽、文学。

学校のお勉強も大切ですが、世間に出たあと、いかに己れを磨いて行くか。

 

その切磋琢磨に音は大事な一役を担っていると痛切に思うこの頃です。

2018.1.5

 

冬の詩/雪よ 〜はかなくも美しいその舞い散る姿〜

f:id:acsekitori:20180103191214j:plain

2018.1.3 詩               画像上:兵庫県養父市関宮町 下:ハチ高原スキー場 2017年1月

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

雪が降ってきた

この季節に初めて見る雪

この地では優雅に舞い降りる妖精も

あちらでは白き悪魔に姿を変える

 

ひらひらと踊る妖精

てのひらに乗せるとどこかへ消えてしまう

なのに屋根に乗るとそれは爆弾

家がつぶれないよう苦労される

 

でも雪が好きだ

道が凍り二輪に乗れない時も

風を切る喜びを与えてくれる

二本のそり跡を振り返れば至福の時

 

雪が降ってきた

こんなに晴れているのに輝きながら

なぜおまえはそんなに美しいのか

また会いに行くまで待ってておくれ

 

2018.1.3

 

f:id:acsekitori:20180103192039j:plain

 

 

 

 

 

雑感/ブログ等の誤字 〜意味が通じているとなおさら怖い〜

f:id:acsekitori:20180102092925j:image

2018.1.2 正月早々混迷エッセイ                                   画像:元日の走り初め、八幡市にて

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

今日は、タイトル通り誤字脱字について考えてみます。

文の主旨に対する見解の相違はどうしようもありませんから、単純な漢字間違いなどに対しての感想です。

 

まずは、

「きしゃのきしゃはきしゃできしゃする」

昔流行った、多湖輝先生の名著「頭の体操」からお借りしました。読んだ事のない方、意味は通じますか?

正解は、文末に記します。

これは言葉遊びみたいなものですが、正確な漢字を当用しないと実にわかりにくいことの例えにしました。

 

偉そうに書いている私も、もちろん誤字脱字はあります。

できるだけそれを防ぐために、記事のアップ前に最低5回は読み直し、上げた後にもしつこいくらいに読んで校正しています。仕事の時は当然ですが、ブログにも心血を注ぎ込んでおりますので、それはそれは気合を入れて肩肘を張り、入念な準備と作業を心がけとります。

 

世間でよくある間違いは、おそらくキーボード操作時の誤変換ですね。

「気を使う(→遣う)」「音楽を聞く(→聴く)」「レコーダーでドラマを撮る(→録る)」

等はよくある勘違いで意味は通じますし、どちらも使用する場合がありますが、

「鐘を付く→(撞く)」「人に意見を訪ねる(→尋ねる)」「先に家に変える(→帰る)」

だと、もう本来の意味ではありませんよね。前後の文脈から意を組むことはできますが。

 

この、「とる」は実に奥深い。

「(野菜を)取る、撮る、採る、獲る、摂る」

と実に多種多様なる使い回しができますから、適当に考えていると文意があらぬ方に向かいかねません。

しかし、実際にAndroidスマホWindowsではこのような前後を予測していない変換が第一候補に上がる事が多いらしく、妻から言い訳が上申されてきます。

MaciPhoneでも、大阪弁で打とうとすると、このような支離滅裂な変換がで出てきやすいですね。

大阪弁でウトウトすると」。。。上の文節を打つと、一部がまずこう出ました。

眠たなりますわ。

私はAppleのどちらのOS(MacOSX、iOS11)でも、予測変換機能は強化していません。思い通りの結果にならず、却って煩わしい事が多いからです。

 

これらはひとえに、文字を手書きする事が極端に減少し、PCやスマホに頼っている弊害に尽きると思われます。私も、漢字を読む事はほぼできますが、いざ取材先などでメモ書きしようとしたらド忘れして出てこない事が多い。これはオツムの老化かもしれませんがね。

芸人コンビ・アンジャッジュの勘違いやり取りコントに、

「いま奈良マニアいます(→今なら間に合います、とメールで送ったつもり)」「大仏買っちゃった(だいぶ使っちゃった→同)」

との秀逸な一節があり爆笑しましたが、彼らも自らのPCなどでの誤変換体験をヒントにしたのかもしれません。

 

脱字に関しては、単なる打ち損じが多いでしょう。

これも先ほどのスマホ類弊害の一種で、あまりに片手打ちのスピードが早ければそうなるのも止むを得ないかもしれませんが、狭い日本、そんなに急いでどこへ行く。

私はMacのキーボードを叩くとき、両手の人差し指をFとJのポッチに置いて離さずにブラインドタッチしていますが、妻やドクターなどは、両手の人差し指だけを使って器用に上からほぼブラインドで叩いています。そのようなときに、打ち間違い/打ち損じが発生しやすいのでしょうね。

妻にはなるべく自身で校正するように指導しているのですが、長文を書き終えるとそれだけで疲れてしまい、直ぐにアップロードするようです。

 

ところで、人様のブログやネットニュースを拝読するときに、余りにも誤字脱字が多いといくら単なるミスだと理解していても読む気がどんどん薄れて行きます。希薄な内容なら論外ですが、せっかく濃厚なコテコテの記事を書かれているのにもったいないなぁ、と思う事がままあります。

素人さんなら微笑ましいで済みますが、個人ブログだけでは無くネットニュース、しかも大手出版社や新聞社系記事にも目立ちます。一体全体、社内での教育や外部への指導はどうなってるんやろ?出稿する前に、自らチェックしないのかなぁ。

アナログ時代の方が遥かに上質で読みやすい記事が多かったように感じます。

 

後、読むのが嫌になってくるのは、句読点「、」のあまりの多さ。

若い、人に、多い、ので、最近の、国語教育は、そう、なって、いるのかも、しれませんが、あまりに、多いと、ちょっと、クドくて、読むのが、嫌に、なって、きませんか?

これは大袈裟だとしても、例えばヤフオクなどの売買メールのやり取りにあまりに「、」が多いとウンザリしてくるときがあります。神経質すぎるのかなあ?

ブログやニュースなら嫌なら読まなければ良いのですが、重要なメールなどはそうはいきませんからね。

 

 

さて、最初に書いた平仮名の羅列の答えは、

「貴社の記者は汽車で帰社する」

でした。無断盗用すみません。

 

日本語って、面白いですね〜〜。

それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

2018.1.2

P.S.こんな記事を上げたもんやから、必死のパッチで自己校正しとります。今後もイバラの道を歩むことになるでしょう(汗) 

ツーリング日誌/メンテツー 〜走り初め、ひかりを求め京を行く〜

f:id:acsekitori:20180101165318j:image

2018.1.1 ショートショートツーリング河内・山城

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

f:id:acsekitori:20180101165530j:image

長いことほっといてスマンな。

さぶかったやろ、寂しかったやろ。

てわけで、正月元旦くらい動かしてやろうと走ってきました。脚力が弱っているのと、妻は寒さで固まってますのでソロです。

まる2ヶ月放置しましたので、エンジンかかるかなぁと懸念しましたが杞憂に終わりました。

 

カバーを外し、イグニッションをONにすると、ニュートラルランプが明るく点灯しました。

チョークを全開にして、セルの元気な音!

さすがにしばらく爆音は響きませんでしたが、やがて鼓動を感じる事ができました。

エンジン同様、ライダーである私にもウォーミングアップが必要です。軽く体操して、たっぷりと暖機運転を与えてやりました。

 

f:id:acsekitori:20180101171325j:image

f:id:acsekitori:20180101171349j:image

第二京阪道路の下道、正月で無料高速と化したR1を北上します。

ガラガラ。飛ばし過ぎに厳重注意しながら、八幡市あたりで淀方面へ左折しました。跨って初の自撮りですが、ノドの保護のためマスクを欠かしませんので、大昔の暴走族みたいになってますね。

 

f:id:acsekitori:20180101181253j:image

f:id:acsekitori:20180101181350j:image

f:id:acsekitori:20180101181419j:image

淀の近くで旧のR1、枚方バイパスに入ります。

なんの変哲も無い国道の路側ですが、天気が良いので撮影しましょう。今日の主役は風景では無く、X4 typeLD・サンパチです。

 

どこまでも長閑な田園地帯を、目的も無くただアクセルを開ける。風あくまでも穏やかで、陽光は優しく暖めてくれます。

京都市大阪市。二大都市の狭間でこんな優雅な気分に浸れる空間があるのです。

 

f:id:acsekitori:20180101182403j:image

f:id:acsekitori:20180101182419j:image

今日のアウター、革ジャンです。

穏やかな日とは言え、1月の1日です。備え有れば憂いなし。全衣装の内訳は、

インナー=ヒートテック+化繊Tシャツ

ミドル=厚めのアウター用フリース

アウター=牛革シングルジャンパー

インナー=ブリーフ+スポーツ用アンダータイツ

アウター=牛革パンツ

これに、妻お手製のスカーフを首に巻いて仮面ライダーになりました。

この装備で今日の最高気温9℃ですと、まったく寒さを感じませんでした。ヘルメットはジェットで、グローブは秋用。ブーツはゴアテックスの登山靴です。

 

元々オートバイは自ら風を起こしてそれに抱かれる乗り物ですので、季節風を除き、自然の風による体感気温の差はそれほど影響しません。それよりも、やはり太陽光の有る無しが寒さに大きく関わってきます。それと、晩秋から今まで寒さに対して心身が充分馴染んでいるのも大きく影響していると感じました。

実際に今日よりも8月のさなか、盆ごろに走った北海道石北峠のほうが、遥かに寒く震え上がっていたように思います。

 

さあ、愛馬のバッテリーも心もたっぷりと充電できました。あれ?入院してるんちゃうの、って?

良いじゃあ無いですか、そんな事。幸せならば全て良し。

今年も益々、末期がんでも遊んだる!

2018.1.1

 

御挨拶/謹賀新年 〜爽やかな年明け〜

f:id:acsekitori:20180101071641j:image

2018.1.1 賀正                                                                                           2018初日の出

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は多大なるご支援を頂戴しまして、誠にありがとうございました。

本年もかわりませぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

 

旧年には、このような勝手気ままな攻撃的な拙文に対して10万以上ものアクセスを戴きました。反論もおありでしょうが、炎上する事も無く我が儘に進めてまいりました。

これからも、おかしいと思った事は口に蓋をすること無く、現状打破への想いを少しばかりでも舌鋒鋭くしたためる所存です。

 

おかげさまで、腹部リンパ節と左肺の悪性腫瘍は、治療が功を奏して動きが止まっております。

しかし、相手はとてつもなく強大なる病魔です。油断・慢心する事なく今後も適切な治療を進めてまいります。

また、本ブログの主旨である、自由な旅。

闘病の都合上しばらく休止しておりましたが、新年から再び活動をして報告したいと思います。

 

今後とも、どうぞごひいきに。

毎度おおきに!

f:id:acsekitori:20180101075334j:image

2018.1.1

 

 

車中泊考察/ベッド 〜その存在こそ第一義〜

f:id:acsekitori:20171230165328j:plain

2017.12.31 寝場所

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

まるでコーヒーの無いクリープのように、それが無いとちょっとなに言ってるかわからない、とその供述が意味不明になるのが車中泊でのベッド。

ミニバンなどの三列シート車では、フルリクライニングすればええやん?と思いますわな。それは、甘い!チッチッ

初代ステップワゴンのようにほぼフラットになるケースもなくは無いですが、最近のアルファードの如き高級車だと、独立性が高く走行時の安定を優先していますので、ベッドにしようにも真ん中が盛り上がってスタイリースタイリー状態になりとても朝まで寝れたもんじゃありません。

そのためかどうか、厚めの車中泊用エアマットの類いが市販されていますが、ただでさえ分厚い現代車のシートにそれを載せると、限りなく天井が迫り来るのであります。しかも、分厚いエアマットは極めて座り心地が悪く、かろうじて天井に頭が当たらないとしても、グラグラ揺れてジッとしていられません。

座ってビールも飲めず、着いたらただ寝るだけの車中泊なんぞ私はしたくありません。

 

毎回シートの段差埋めにタオルやらミニクッションを敷き詰めて布団を敷くなら、かなり快適にはなります。しかし、その段取りをダンナがする間、パートナーや子宝達を外で待たせなくてはなりません。秋や春の時候のよろしい時ならともかく、ゲリラ豪雨や猛吹雪の中なら?

一発で楽しいはずの車中泊旅が台無しになりますね。

 

では、どうするか?

キャンピングカーを買いましょう、などとの愚論は申しません。人にはそれぞれ事情ってもんがありますから。それに流行りのベッド兼用シートだけ架装したようなハイエース改造簡易キャンピングカーなどを4~500万も出して買ったところで、狭い日本がいきなり大陸に変貌する訳でもありません。狭いもんは狭いんです。

乗り心地は商用車のままってのもありますから、家族のひんしゅくを買う危険すらあります(トラックや商用バンは後部に荷物が少ないほど段差でハネますし、2WDだと雪道や坂道で後輪が空転します)。

 

f:id:acsekitori:20171230171758j:image

そこで、投資を抑えつつ車中泊旅をする1つのヒントとして。

どうしても車内で禍福の時を過ごすなら、それなりの準備をしましょう。

先ほどのミニバンシートクッション穴埋めでも良いのですが、もっと楽なのは、ホムセンにて一枚¥1200程でコンクリートパネル、コンパネを買うのです。一枚サブロクと言い、90×180cmの大きさがありますから、スタッフに依頼して半分にカットしてもらいましょう。

すると、当然90×90=2になります。このサイズだと、ほぼどのミニバンでもリアの荷物スペースに立てて収まりますね。ささくれ立ってトゲが刺さると夜の暇つぶしには良いのですが痛いので、布テープで全周をカバーしませう。

これをフラットにしたシートに敷くだけで、かなり快適度は上がります。凝り性の方や、より快適性を訴求する私のような人は、2枚を蝶番で繋いで真ん中が浮き上がるのを防止したり、サイズを90×140=2枚にしてほぼリアシートをカバーさせるなど、工夫するのも一興ですね。

その上に硬質や低反発など(好みによる)の厚さ5cm程の家庭用マットを敷けば盤石です。私は朝起きると沈み込んだ腰が痛くなり、寝返りも打ちにくい低反発は嫌いです。束縛されるのが大嫌いなんです。

私も、自作の初期にはそうやって子供達と寝ていました。無論、日々単独でのトレーニングを欠かさず、如何に悪天候の中でサッとベッドメイクして家族を危険に晒さないかはあなた次第です。

 

これは禁断の果実、踏み込んだらぬかるみから抜け出す事は困難になりますので、あくまでも自分の性格と事故時の対処を熟慮の上、決行して下さりますよう。

 

f:id:acsekitori:20171230171332j:image

さあ、今年も残り少なくなりましたね。

どんな車中泊用ベッドよりも快適やけど窮屈な、病院ベッドで新年を迎えますか。

これぞホンマの寝正月。

 

今年一年、ご愛読ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

2017.12.31

車中泊考察/入浴 〜汗を流すのか、疲れを取るのか。浴後のビールがいちばんなのか〜

f:id:acsekitori:20171229114347j:image

2017.12.29 極楽エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

先ほど、今年の風呂納めに行ってきました。明日から病院事務や雑務は休みで、画像の大浴場は明日のわずかな時間のみ開設されるのですが、混みそうなのでやめときます。

 

f:id:acsekitori:20171229114614j:image

無いよりはマシなんて言うとバチが当たるほど快適な浴場がありますので、助かってます。一度に3人しか入れませんので、時間を読むのがなかなか楽しみですね。

 

 

さて、所変わって車中泊での入浴。

これは源泉掛け流しの秘湯に尽きるわけですが、毎回毎日そんなところを旅できるわけも無く。必然的に、良くて立寄り温泉もしくは銭湯、最悪はシャワー室の汗流しのみになるのです。

それでも特に夏場は汗を流せるか否かでは大違い。ウチの自作キャンピングカーには家庭用エアコンなど付けるスペースがありませんので、尚更です。

 

f:id:acsekitori:20171229120556j:image

これは長崎市で寄った、稲佐山温泉ふくの湯の家族風呂。

温泉天国九州には、このような家族風呂が各地に散在しており、夫婦仲良く他人を気にせずに入浴できます。気になる料金は、1時間で¥1800くらいから。広くて時間を長くすると、当然高くなります。

妻はてんかんの持病がありますので、単独での入浴を怖がりますからこれはとても助かっています。全国的にもありますが、有名観光温泉の高級ホテルの貸切風呂だと我が家には入浴の気が起こらないほど高額ですので、このような九州システムが拡散しないかなぁ。

 

少し道をそれて。

私は温泉オタクでも踏破マニアでもありませんので、今まで入浴した温泉の数は知れています。その中で、少しばかりランク付けをば。

 

ヌルヌル度ナンバー1

秋田県乳頭温泉

これは文句なくいちばんでした。詳しくないので、それは違うぞとの意見もあるでしょうが、私感で。白濁した濁り酒のような湯に浸かり、上がった後ホンマに秋田産濁り酒を飲みました。

 

秘湯度ナンバー1

石川県白山岩間温泉噴泉塔

これは車中泊ではなく、OB会登山で沢登りをする入山口にありました。何にも無い河原に、ポツリとある露天風呂です。

白馬連峰の小蓮華温泉と悩みましたが、人の少なさで。

 

開放度ナンバー1

岡山県湯原温泉

説明不要ですね。ここ10年ほどで、ワニと称される覗き野郎の巣窟になってしまいました。また昔のようなほのぼのした湯原よ、戻って来い!

 

 

話を車中泊に戻しましょう。

私が信州・関東方面へのキャラバンを行う時、かなりの確率で利用するのが中央道諏訪湖SAの温泉。¥560程で、ホンモノの温泉に浸かることができる超貴重なSAです。花火大会の日は大混雑しますから、避けた方が無難。

他には、名神高速道路の多賀SAの銭湯、東名高速道路の足柄SAの銭湯も良きスポットです。いずれも日本のメーンルートですから長距離トラックでいっぱいですが、うまくタイミングをずらせば駐車場も銭湯も空いている時間はあります。

 

f:id:acsekitori:20171229123054j:image

抜け道的なのが、案外知られていない高速道路PAの、シャワーステーション。

¥200で10分お湯が出てきますので、洗髪して体を洗っても時間は余りまくりです(私限定論)。貧乏性なので使い切ろうと10分間立ち尽くしていると、無性に寂寥感に襲われて清貧旅の良さを再認識できます。

画像は、九州道吉志PA

 

後は、全国各地にある温泉併設の道の駅やRVパークが、我が家の定宿です。

夕方、スーパーの値引がチラホラ始まるときに買出しを済ませて、駐車場に停泊。ベッドは常設ですので、直ぐに着替えだけ持って浴場へ急ぎます。

1日の汗を流し、大浴槽で足を伸ばして疲れを取る。この頃から、既にビールの口になっています。

風呂から上がると妻と待ち合わせた休憩場所には一瞥もくれず、マイルームへ直行。冷えたビールのリングプルをプシュッ!

 

嗚呼、幸せかな我が人生。

2017.12.29

 

 

 

 

オートバイ/乗れないとき 〜感情を抑え、欲望を堪え、体力を温存す〜

f:id:acsekitori:20171227142637j:image

2017.12.27 オートバイライフ                        HONDA X4 typeLD/SC38

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

 

乗ってませんわ、愛馬。生きてるかなあ。

バッテリーが心配ですが、オイルは替えてから冬眠させて、ガソリンも少な目にしたので腐っても継ぎ足せば良いでしょう。タンクの錆が気になりますが…。

 

元々は、冬でも元気にツーする体質でした。

寒いと言っても、冬山登山からするとしれてますし、直ぐにあったかい店内に逃げられますし。

 

f:id:acsekitori:20171227143409j:image

これは、去年の1/12に南紀白浜に一泊ツーへ出かけたときの画像です。妻はダウンジャケットの上に革ジャンを着ても固まってますが、私はライトダウンジャケットの上に夏用のパンチングジャケットだけで元気に運転しました。かように、寒さへの耐度は人それぞれ。無理に押し付けないように注意しています。

 

この時はまだXJR400Rでしたからタンデムキャンプなど到底無理で、じゃらんで安い温泉宿を素泊り予約して、近くのスーパーで刺身を買って飲みました。24時間入り放題の源泉掛け流し湯があり、キャンプでは味わえない楽しいひと時でした。

こういうのなら退院後直ぐにでも行けそうな気がしますが、新キャンピングカーの架装が控えていますからね。予算もそれに取られてありませんし。あれもこれもは贅沢過ぎますよね。

 

そうなると、机上でのツーリングです。Excelを使い、出発地と到着地を書き出し、ポイント間の距離をグーグルマップから算出して計画書を作成します。

キャラバンも同じ表を作るのですが、これがなかなか楽しい。

ルートに行き詰まったり、他に行きたいところが出てきても、第1案をコピペして下にズラし、すぐに再出発できます。これを忠実に辿ることはあまりしませんがね。あくまでも本番は、臨機応変で。

 

まだ購入してから冬を越していない、SC38・サンパチ。キャブのセッティングが夏冬どちら向けなのか、はたまたオールマイティなのかが気になるところです。夏の渋滞も問題無く、8月の北海道で一桁台の気温下で快走しましたので、やはり空冷とは一味違う期待をしとります。

 

問題は、北海道で磨り減ったリアタイヤ

チェーンとスプロケも交換時期なんで、細かな電装パーツのメンテも含め、約7万の出費になります。

タイヤ替えてからでないと、冬のツーなど恐ろしくてできませんので、それまではジッと冬眠させましょう。

 

春よ、来い。

2017.12.27