X4 typeLD ハイウェイペグ再取付 〜旅に出した子と違う子を養子に迎え〜

f:id:acsekitori:20170720214816j:image

2017.7.20 ハイウェイペグ取付作業

 

 ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

先日、入院中の一時帰宅でオートバイメンテを行い、パーツを紛失した旨の緊迫した第一報をお届けしました。

 

acsekitori.hatenablog.jp

今回は退院後にシッカリと足場を固め、36℃の灼熱の中取付作業を開始しました。

作業の前に解説しますと、我が愛馬HONDA CB1300DC(SC38)は、ジャンル分けすると大分類がアメリカン。中分類で、ドラッグレーサーレプリカになります。

ハーレーを筆頭に、アメリカンは殿様乗りでステップがクランクケース前か横にあり、腕は高く上げて足を前方に投げ出すライディングスタイルになります。ホースバックライディングってヤツですね。

更に高速道路等の長時間チェンジを行わない時のために、最前方にハイウェイペグが付いているのがデフォルトです。

しかし我が愛馬はドラッグレーサーレプリカ故、ハンドルは低めでステップはバックステップ風の伏せ気味なポジションになります。レーサーレプリカ程ではありませんが、ネイキッドくらいでしょうか。

 

私のX4 typeLDはその名が示すようにローダウンされていますので、シート高が低く、足付きが良いのは大歓迎なのですが、着座部分とステップが異様に近く、膝を折り畳んだライディングスタイルになります。

これが、高速道路ではキツい。

下道ではある程度走れば信号待ちがありますし、なくても何処でも停車できますから脚を伸ばす事ができて不都合は感じませんが、高速道路では下手するとエコノミークラス症候群です。

 

そこで、後付けのハイウェイペグの登場なのです。

キジマの製品が、Amazonで両側セットで¥2700位でした。

 

f:id:acsekitori:20170720215450j:image

まず、これが私の車載工具です。HONDA標準添付のやつはシート下に入ったまま触らず、自らプロ系ホムセンに赴いて厳選しました。上部に写っているペグと赤黒いナビホルダー以外が、その全容です。

これで、パーツの取付取外しや、ミラーやウインカーなどの保安部品は触ることができます。

 

f:id:acsekitori:20170720215920j:image

前回のミステイク部分です。エンジンガードにハイウェイペグのステーはシッカリと取り付けたのですが、その先に付いていた肝心のペグが、納品時にはグラグラになっているのに気付かず、増し締めせずに脱落したんです。これを流用しても良かったんですが、この取付の失敗点として、エンジンガードを挟むベースを下向きにしてしまい、依ってペグがかなり低い位置に来てしまいました。

このまま走り出したら、最初の交差点でバンクさせた途端、ガリガリと擦ってしまいました。これが紛失の原因かもしれません。 

 

f:id:acsekitori:20170720221911j:image

そこで、U字のベースを上向きに取り付ける行程です。

この何段にも重なったピラミッド状のパーツで、ハーレー等のインチサイズのパイプと、国産のセンチサイズのものと両方に取り付ける事が可能です。汎用パーツ、ここに極まる。

 

f:id:acsekitori:20170720222402j:image

今度はシッカリと増し締めしたペグ付きのステーを、ベースに接合します。回せるだけ手でベースのボルトに締め付け、角度を調整したのちに後方のボルトを締め上げて行きます。スプリングワッシャーが1枚付属しているのですが、価格上あまり高品質ではありませんので、力任せに締め上げるとワッシャーが広がって意味をなさなくなります。

これで、左右とも足伸ばし用のハイウェイペグが完成しました。

 

f:id:acsekitori:20170720222921j:image

次に、新しく導入したD-navi用のホルダーを取り付けましょう。

このホルダーは、またしてもAmazonで¥499。耐久性に信頼は置けませんが、とりあえず使ってみましょう。

 

f:id:acsekitori:20170720223354j:imagef:id:acsekitori:20170720223409j:image

こちらは工具不要。サクッと取り付けて、隣のETC車載器と位置調整します。

画像ではメーターが隠れてますが、ライディングポジションからは良い感じです。どっかに行ってしまったチャイナナビから比すると、見やすさは倍増で、機能もかなり良くなりました。

 

f:id:acsekitori:20170720223733j:image

裏側に存在する、ガイアシールドの角度調整ノブもノープロブレム。素早く調整できます。

 

f:id:acsekitori:20170720223927j:image

更に更に、新しく仕入れたHONDA純正のタンクバッグを設置して、当たらないかのチェック。問題ありませんでした。

 

f:id:acsekitori:20170720224630j:image

タンクバッグなんですが、以前使用していた年代物のヤツは本体の左右に小物入れが張り出しており、左いっぱいにハンドルを切るとホーンに当たってブーブー鳴って辺りの顰蹙を買う代物でしたので、今回はスリムな奴にしました。欲張ってあまり大型にすると休憩時などに持ち運ぶのが大袈裟になり、つい不精してタンクに置いたままになりやすく不用心ですので、小型にして良かったと思います。

 

f:id:acsekitori:20170720225212j:image

メンテナンスも終わりましたので、ジョリーパスタとホムセンまで往復30km程買い物走りを楽しみました。

 

猛暑日もどんと来い!人馬一体となり、風を受けてはね退けたる!

2017.7.20

 

 

 

 

雑感/季節の替わり目 〜夏なのに、東風吹かば。あけましておめでとうございます〜

f:id:acsekitori:20170719162835j:image

2017.7.19 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

いきなりですが、私は天下無双の晴れ男なんですよ。全国の花火大会や運動会などの屋外イベントの担当者さん、今からでも遅くないですよ。私を撮影に呼んだらきっと快晴の下、はれてイベントが成功するでしょう。

 

その証拠として、今日、私が退院したら梅雨が明けました。今年の夏もよろしくお願い申し上げます。

 

そんな高気圧オジさんの私ですが、自宅には壁掛けエアコンがありません。昨年、ブログを開始した当初にせんぞボヤキましたが、丸一年が経過しようとも、状況は変わらない。

いくら、山男オートバイ乗りにはクーラーなんぞ要らんのじゃ!と意地を張ってエアコン導入を見送り続けても、暑いものは暑い。

家内で熱中症なんて末代までの恥です。

どうしよう。

 

f:id:acsekitori:20170719162818j:image

しかし、我が家には「コロナどこでもクーラー」なる、文明の利器があるのでした。

これは梅雨時などの部屋干し用除湿がメーンの機能で、おまけとしてスポット冷房が付いています。よくある水を入れて気化熱でなんとなく冷やこい風を出す冷風扇ではなく、ちゃんと熱交換器をバリバリ働かせて室温を下げるやつです、一応。

一昨年、真夏のキャラバンに持参して運転席と助手席の間に置き、発動機式発電機・ハツハツで稼働させてみましたが、排熱が上手くいかず、むしろ車内温度がドンドン上昇するというおちゃらけを仕出かした可愛いヤツです。

 

早速引っ張りだしてフィルターを掃除し、和室のふすまを総て閉じ切って稼働してみました。

 

以下、使用状況レポート。但し、快適度には個人差がありますので、全て私感。

 

開始時の室温=33.2℃

西の風2m程度、曇り時々晴れ。

西向きのリビングに和室が隣接しているため、午後は西陽が当たり室温は急上昇。

 

で、

f:id:acsekitori:20170719162436j:image

和室から本体付属のナイロン製排熱ホースを引っ張り出して、先に追加購入したエアダクト(巨大芋虫状を呈している蛇腹の部分)を接続して引き回します。

 

f:id:acsekitori:20170719162508j:image

玄関側にある事務室にその先っぽを挿入し、一室だけ暑くして代わりに和室を冷やす作戦です。

 

2時間経過

室温=31℃

東の風3m前後、曇り。  

 

2時間で約2℃涼しくなりました。なんだそれだけ?と、思うなかれ。この極限の状況では、その僅かな温度差がデカいのです。

これに付加して、和室を総て締め切ることによる眩しさの低減、及びスポットクーラーから噴出される冷風を直接身体に受けることによる体感温度の低下。これが大きいです。ちなみに、1mも離れると冷風ではなく単なる風に感じますが。

そして何よりも、除湿効果の至福を享受する快感。寒さを感じるには程遠い室温ですが、ベタつき感が無くなり、快適です。

 

結論、まだ夜は越してませんが、熱帯夜対策にはこれで充分かと。

しかし、必ずオチがつくのが私のブログ。

和室から一歩外に出て、玄関側からリビングへ吹き渡る風の涼しい事よ。西陽が曇って風向きも西から東へ変わり、涼風が吹いていたのです。

眩しさを除き、和室も廊下も大して変わりません。そう、ここは6階で、周りには田んぼしかない田舎なのでした。

 

やっぱ自然の風は気持ちええなあ。オチがついて落ち着きましたね。

2017.7.19

 

 

 

 

 

 

 

雑感/所有物に於ける自慢の尺度と物欲の是非 〜既製品がお好き?カスタムがお好み?〜

f:id:acsekitori:20170718141244j:image

2017.7.18 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

変なタイトルを付けましたが、要するに、高価な物を所有して持ち物自慢するタイプと、ハンドメイドもしくは改造に命を賭けて、それを誇示するタイプが物欲保持者にはあると思うんです。

中には、まったく所有ブツの自慢などなさらない、神様或いは仙人のような御仁もいらっしゃるでしょうが、私はヒネくれてはいますが凡人中の凡人なので、どしどし奮って自慢しています。

お気づきのように、私は後者のカスタム派です。誤解を招くかもしれませんが、別にお金持ちを羨んだり、自分の金持たずを卑下しているわけではありません。そのような高等な思考は持ち合わせてませんから。

 

動産不動産を問わず、高額な物件を入手して自慢するのもアリだと思います。それまでの自らの人生に於ける苦労と成功の象徴でしょうから。高級外車や都心の一等地にあるタワーマンションなんかは、そのシンボルとして判りやすいですからね。妬み嫉みも集約されそうですが、そんな霊的なことを気にしているようでは、その先もそんな物件を維持する事は難しい。根性が座ってないとできないですよね。

 

四輪は当然として、オートバイにも高級品は存在します。幸か不幸か私は低額な中古車を主体に、バラエティに富んだオートバイライフを送っています。気軽に買えますし、カスタムするときも思い切りよくイジれる。

特に、四輪の方はそれが顕著です。

新車のアルファードなんか買ったとしたら勿体無くてステッカーさえ貼れないでしょうが、私のグラは車検が3ヶ月ほど残っていて、22万程でした。ブローカーからの購入ですから大いにリスクはありましたが、至って快調です。諸手続きも自分でしますから定額諸費用のみで、手数料は不要です。

そんな低価格ですから、後部シートなんか潔く捨て去り前に2人しか座れません。

 

おっと、グラの改造話になると熱くなっていけませんな。

 

さて、最近、人様のブログ紹介などをダラ見していると、「ミニマリスト」の文言がよく目に付きますが、流行り言葉なんやろか?ちょっと前に流行った断捨離とはどう違うのか?

と、早速ヤフってみたら、要約するとモノを持たない生活みたいですね。断捨離は©︎なんだとか。

 

信じられへん。

自分が可愛がっているブツを眺め、磨き、使用する。

時にはスネて、時には大いに生活や仕事に役立ってくれるブツの魂。

 

私みたいに、趣味に生きてその趣味と物欲に溺れて死に行く人間からすると、まるで対極です。

中には、カーテンさえ生活には不要物なので部屋に存在しない、と言ってる人もいると聞きました。ちょっと違うんちゃう?と思いますが、人それぞれなんでほっときましょう。

 

登山を頻繁にしていた時、岩登りをする山行では軽量化のため弁当さえ持たずに行動食で通し、最低限の装備で登っていました。しかし、逆に雪山では体力の限り食糧を担ぎ上げ、羽毛の類をたっぷり持って、冬型気圧配置の長期居座りに備えたものです。

 

モノの持ち過ぎはあまり行儀良くありませんが、鍋一つで着替えさえ乏しい生活ってのも、私は自宅ではしたくありません。何事もほどほどがよろしいようですね。

侘び寂びも大事ですが、人生には潤いや憩いも必要ですよね。ものを愛でるのもその一環だと思っています。

 

ブームに乗っかって、心の中まで大切な何かを捨てていませんか?

2017.7.18

 

 

雑感/キャンプ車考察 〜段差の無いベッドで大の字になる快感〜

f:id:acsekitori:20170716200122j:image

2017.7.17 アウトドアライフ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

初めに、私はいつも自車の事をキャンピングカーと表現していますが、旅画像を見て違和感を感じる方も少なくないと思われます。

 

 f:id:acsekitori:20170717143727j:image

キャンピングカーって、アメリカのデッカいやつか、国産でもこの画像のように、まるでリーゼントみたいに運転席の上部にベッドスペースを架装してあるトラックの事を呼ぶんじゃないの?手前のドワレくんのはミニバンじゃん?と。

それは、特に女性や、車中で寝る事に興味が無い方、若しくは興味津々だが辛そう。。。との感覚をお持ちの方に顕著ではないでしょうか。

 

そこで、解りやすく丁寧なるブログを心掛けていますので解説しますと、キャンピングカーは大雑把に以下のように分類できます。

クラスCとかの解りにくい分類もありますが、ここでは避けます。

 

1.モーターホーム(含バスコン)

アメリカやカナダ製が多く、国産ではコースター等のマイクロバス改造が顕著。その車内は2LDKも存在し、正に走る自宅。その代償として当然車体も巨大で、観光バスに匹敵するモノもあり。道の駅や高速道路SAPAでは大型車スペースに停車する事が必要で、オートキャンプ場への入場も制限あり。もちろん、大手スーパーには立ち入りがほぼ不可能で、田舎のコンビニで買い物をする必要あり。走行の辛辣さとは裏腹に、居住時は極楽そのもの。しかし、果たしてこれをアウトドアライフと呼べるのか?まあキャンピングカー全般にそうだろう、との意見もあるだろうが、程度問題として。

 

2.キャブコン(キャブコンバージョン)

主に国産の2tトラックのシャーシを利用して、キャブ(運転席)のみそのままで屋根を切り取り、後部荷台部分と運転席上部にFRPなどで居住空間を架装してある。2×5mに収まる車も多く、日常生活に応用も可能だが、4WDガソリン車が少ないのと、出力が少なく登板能力が悪いのがネック。横風にも弱く、高速道路では注意が必要。宿泊地に着いてからは極めて環境が良くなり、立って移動や着替えができ、多くは独立したシャワー・トイレルームを持つ。ベッドと食事スペースを分ける事が可能で、宴会後そのまま潰れる至福も。走るワンルームマンション感覚。

 

3.バンコン(バンコンバージョン)

ハイエースやキャラバンの後部にベッドスペースやミニギャレー(キッチン)を架装したモノが多いが、自作派を始め、ショップ製でも国産ミニバンを使用する例もある。日常に於いてノーマルのワンボックスやミニバンと何ら変わる事は無く、外見上からもキャンピングカーとは気付かれにくいので、近所や勤め先への趣味秘匿に有利。走りもエンジンによっては極めて快走が可能で、極端に車重が重く重心が高く無い限り、高速道路も得意。代わりに宿泊時はスーパーロング以外は、飲食と就寝スペースが同一なので荷物の移動やベッドメイクが必要な事が多く、その手間だけで疲れる事も。4WDは選び放題なので、都心部に住みスキーにはベストかも。走る6人用テント、と言ったところだろうか。

 

4.軽キャンパー

最近の主流?リタイヤ組に人気高し。ボディを弄らなければ維持費が安いのが魅力だが、長距離走行には不向き。660ccとの制約があるので仕方ないが、山道や高速道路では常に緊張を強いられるので長期では疲れが溜まりやすい。後部荷室はフラットになる車種が多いため、2人までなら自作でも就寝可能だが、荷物の置き所に苦労多し。単身者で、1日の走行距離を抑えた長期キャラバンでは経済的にメリットが多いかもしれない。走る2人用テント。

 

他にもトラベルトレーラーやトラキャンなどの少数派が存在しますが、割愛します。

私が35年の車中泊キャンプで使用したのは主にミニバンのバンコンで、すべて車内装備は自作です。軽バンにも数台は乗りました。

他にもキャンピングカービルダー製のキャブコンと、トヨタハイラックス4WDの荷台に巨大な居室を積み込むトラキャンにも乗りましたが、いずれも手放しました。私は兵庫県南部の都会部と大阪府に住んでいましたのでディーゼル規制で手放しましたが、地方居住ならキャブコンに乗り続けていたかもしれません。

 

上記の解説でもお判りの通り、走行と居住には相反する長所短所が存在します。

 

f:id:acsekitori:20170716204116j:image

バンコンでの欠点を少しでも補うべく、私が自作車を改良したのが、この画像の運転席後部部分です。

中央のテーブルは簡単に外す事ができ、その足場と全開にしたムーンルーフを利用して、立って着替える事ができます。シャツはカーテンを閉めて座っても着替えが可能ですが、パンツ(下着・ズボン)を履き替える時には重宝しています。無論、公然わいせつで検挙されないよう最大限の留意は必要ですが。

テーブルを足場に収納した後はベッドマットを1枚ずらすだけで150×190のベッドスペースに変貌し、妻と2人なら充分快適に就寝できます。

 

f:id:acsekitori:20170716205011j:imagef:id:acsekitori:20170716232835j:imagef:id:acsekitori:20170716232910j:image

後部にはトイレスペースもありますので、降雪時や豪雨時、若しくは災害時に役立ちます。

 

このように、自作ではありますが、グラの事をキャンピングカーと呼んでいます。元々は8No登録のホンマもんのキャンピング特種車だったのですが、自動車税(約¥54000→¥8800)や自動車重量税の節約の為に現在は中型車扱いの1No普通貨物車になっています。

1Noのデメリットは、最近から阪神高速も含み、高速道路料金が1.2倍の中型車料金になり休日割引が適用されない点ですね。深夜割引は適用されますので、通しで長距離を走る時は仮眠をしてでも0~4時AMを間に挟みますし、わざわざ寝るだけのためにSAPAを挟んだ1区間だけを利用する事も多々あります。

 

上記以外のバンコンのメリットをば、少々披露しましょう。

まず、先述のようにスーパーや医療機関などの駐車場に、高さ制限さえ無ければ入場できます。グラにはルーフボックスが装着してありますから制限に引っかかりますが、現在のミニバン系は殆ど2m以下の車高ですので、余程の都心で無い限り可能な駐車場が多いでしょう。ハイエースやキャラバンのスーパーハイルーフは居住性は抜群ですが、上記の点がデメリットですね。

さて、スーパーや医療機関に停められるメリットは、自分が利用するときのみではありません。それだけなら、普通乗用車でもなんら変わりませんね。

 

キャンピングカーである利点として、相方が所用を済ませるまでの間、車内で寛ぐ事が快適に行える点です。例えば、妻が衣料や手芸関係など、まったくの門外漢である私が同行すると、お互いにストレスがかかる時。

このような時は、グラのベッドで昼寝をするか、ワンセグでボケ〜っとテレビ鑑賞、またはなかなか読み切れない読書などをしながら帰りを待ちます。

また妻が定期受診している病院は、公立の巨大病院ですので待ち時間が半端では無い。診察結果を共に訊くケースでは同行しますが、それ以外なら感染予防の観点から私はなるべく登院を避けますので、これも同様に車内で寛ぎます。

 

更に、これは私みたいなSOHO・フリーランサーに於いてのメリットですが、仕事の合間の休憩、及びPCでの処理などの作業が迅速かつ的確に車内で行える点です。近場の掛け持ち取材であっても、一々自宅まで戻るのは時間と体力、並びに経費の無駄遣いです。幸いな事に、最近は駅から遠目のコインパーキングなら、24時間駐車して¥800程度の場所がいくらでも見つかります。

例え都心にオフィスを構える人気作家であっても、地方取材ではこの利点は享受できないでしょう。

 

このように、狭いながらも何かと便利なキャンピングカーなんですよ、バンコンは。

欲を言えば、キャブコンとバンコンの二台持ちをしてTPOで使い分けるのがベストでしょうが、今の私には贅沢の極み、いや現実的に不可能です。

 

f:id:acsekitori:20170716233457j:image

f:id:acsekitori:20170717151943j:plain

f:id:acsekitori:20170716232941j:image

もちのろん、私がキャンピングカーの最大のメリットとして挙げるのが、温泉に着いてひとっ風呂浴びて、即刻ビールで喉を潤し、漁港が近ければ美味か魚ば喰らうことですよ!コレで長旅の疲れも1発で吹き飛びます。

旅館などのお仕着せサービスにドライブの宿を求める方にとっては、なにを当たり前の事を。。。と思われるやもしれませんが、立ち寄り温泉派の方なら解ってもらえますよね。

直ぐに飲める以外にも、客室まで重たい旅行カバンを引きずらずとも、停めたその場が部屋ですからね。

 

f:id:acsekitori:20170717053817j:image

当然中の当然事項ですが、電源を使用したい場合はRVパークやオートキャンプ場などの有料宿泊地を利用するか、SAのトラック近くなど迷惑のかからない許容範囲内で発電機を使用するべきで、道の駅でのトイレからの盗電などもってのほかです。良い歳をして窃盗罪で逮捕など、考えたくもありません。若けりゃ良いかと言えば、もちろん言語道断です。

電気を使用せずとも、深夜の道の駅には危険がいっぱいですので、緊急脱出も考慮しておかねばなりませんね。宿泊公認の、然るべきポートで車中泊するのが、オトナのキャンプでしょう。

 

 

さてさて、いつもの如く、愛車自作自慢に終始してしまいましたね。他人が自慢しても聞かないくせに。これが私的ブログの最大のメリット??

このように、何百万円も掛けずとも気楽にキャンピングカーライフが送れる事を、お伝えしたかったのです。以下に、グラの自作記録を再掲載しますので、アイデアやヒントとして少しでもお役に立てれば幸いです。

 

さあ、次の週末は何故かキャンピングカーでバイカーズミーティング!

2017.7.17

 

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

acsekitori.hatenablog.jp

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

雑感/トレーニング 〜マメとタコの数だけ思い出が増えるんやで、妻よ〜

f:id:acsekitori:20170714232335j:image

2017.7.16 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

6月から、暑いのでSC38に乗る時にはハーフグローブを装着しています。

私は前を向いて運転していますから転倒時にはコケる事が認識できますので、手のひら若しくは腕のプロテクタをスライディングさせて指先を護るつもりです。

が、妻はしょっちゅう脇見をしてスマホで撮影していますので、フイに転倒若しくは事故に遭遇した場合、おそらく受け身を取る事が困難と予測されます。拠って、夏用ですがフルグローブを装着させています。可愛い妻ですから。

Androidは手袋モード撮影ボタンがあるそうですしね。

 

で、本題です。

これは左手ですが、画像の中指と薬指の表皮が剥けていますね。愛馬SC38のクラッチは軽い方やと思いますが、装備総重量は500kg弱。

それを操りつつ、クランクの右左折や渋滞時、極低速直進を必要とする時などはやはり教習所教官のご教示通り半クラを多用して乗り切りますので、マメができて直ぐに潰れます。半グローブ購入当初は痛かったのですが、時を経るごとに下の真皮が硬化して来て、いわゆるタコができます。

こうなると、もう痛くはありません。プロ野球アスリート達が、マメを潰しながら地獄の練習をし、サボるものは永久ベンチウォーマーで終わるのと同じですね。

雑菌が侵入するのが怖いですが、まだ出血には至っておりません。留意します。

 

あとは、巨大なる直列4気筒故の左右に出っ張ったシリンダの熱対策でしょうか。 

これは、本革製のオートバイブーツかウエスタンブーツ、若しくは山用のハードシェルに近い剛性のゴアテックスシューズを履き、パンツは夏場は厚手のデニムかタイチ製のゴアテックスパンツ、それ以外は本革パンツを履いて直接肌にシリンダが触れないようにしています。

 

ハーレー乗りの山岳部のT先輩に、

「ハレ乗りはみんなガバッと脚を開いて行儀悪く見えるが、空冷1500くらいのエンジンだから、熱くてニーグリップしてられないんだよね」

と、愚痴ともボヤキとも付かない言い訳を頂戴仕りました。

私のSC38にも同じ事が言えます。

脚をガバッと開くには乗車前のストレッチを欠かさず、股割りを藤川球児の登板前のように入念に励行しなければなりません。他にも、左右や後方確認、コーナーでの腰とウエストを駆使した切返しや、悪路での中腰での踏ん張りなどなど。

オートバイは、スポーツです。

 

トレーニングより、半分グッズ紹介みたいになってしまいましたね。グッズ詳細は、いずれ今の用品漁りが落ち着いた時期に、使用感と共に掲載しましょう。

 

さあ、乗りたくなって来たでぇ。どうする?

2017.7.16

闘病記/物忘れ 〜アレ?どこにやったかな〜

f:id:acsekitori:20170714224552j:image

2017.7.15 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。 

最近ね〜、物忘れがひどいんですよ。

ちと前までは、2TBのSSD並みの抜群の記憶力を誇っており、過去のツーやキャラバンの行った先や日時、食したウマカメシなどをスラスラと間髪入れずに答えて妖怪扱いされていたものですが、ここんとこ古いデータ以外はサッパリです。

 

先々週行った弾丸長崎キャラバンの道中で使っていたオートバイ用のチャイナナビが、どこにもありません。

5月のミーティングにて使ったであろう、caravan社の防水ズダ袋も、行方不明です。

SC38(サンパチ)に装着したハイウェイペグも、エンジンガードに付けるベースのみしっかり締め付けて、ステップを送付時の状態から増し締めせずに走り出し、モノの数十分で紛失しました。

 

これらは、明らかに化学療法の副作用でしょう。と、思いたい。

いや、老化かなぁ。

ひょっとして、酒飲み過ぎで脳細胞の記憶中枢破壊されまくり⁇

 

仕方ないので、困った時のヤフオク頼み。

国内メーカー販売の1つ前の型、2014年度版マップデータ入りの5インチナビを¥3580で即決ゲットしました。

製造国はチャイナですが、国内メーカーの威信にかけて製品チェックをしてくれているでしょう。

防水ズダ袋はもう1つあるし、45リットルゴミ袋でもなんとかなりますから良いとして。

 

私は、ミニマリスト?の対極に生きる人間で、カメラ機材、オートバイグッズ、山装備、キャンプ用品などなどのまるでamazon倉庫かのような物量に埋もれて生活していますだ。

 

妻が時折、怪しげなモノが落ちてきて頭に当たりそうやからなんとかして欲しい、と無駄な無い物ねだりをして来ますので、ちゃんとロッククライミング用の落石避け軽量ヘルメットを室内にスタンバイさせておりますが、使用して暮らしてはいないようです。

ちゃんと我が家の法令条例は遵守して欲しいなあ。

 

そんな大量のギア達ですが、一応プロですのでカメラ機材はもちろん整理整頓してカビるものは防湿庫へと陳列し、山道具もそれなりに棚に収まっています。

問題は、大量のSC38やグラのパーツ・車中泊便利ブツと、溢れんばかりのキャンプ用品です。

もうアウトドア遊びをせず、ホームパーティやホームバーでの寛ぎに全精力を傾けるなら、ボトルとグラスだけ残して断捨離も良いでしょう。

しかし、そんな事をすれば病状が悪化して往生し、あの世の針の山をクライミングするのは、eyeにlookする事は目に見えています。あれ?カブった。

 

このブログを備忘録として上手に活用し、夫婦のドタバタ泥沼だけには絶対使わないよう、お誓い申し上げます。

 

誰か、わたいのメガネしりまへん?あ、ドタマの上や…

2017.7.15

 

雑感/バイカーズミーティング 〜ハレ乗りよりもハーレー乗りと言われつつ〜

f:id:acsekitori:20170714193906j:image

2017.7.14 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

まず最初に、この画像をご覧になってドン引きしないで下さいね。

モヒカンありいの、スキンヘッドありいの、ヒゲ面ありいの、金髪ロン毛パーマありいの。よくもまあ、こんだけおガラのよろしく無さげな大人が集合したものやと。。。

それが、皆さん気さくで優しい人ばかりなんですよ。

確かに乗られているオートバイは個性的なブツばかりですが、それはファッションと共に自己表現であり、義務を遂行している上での自由追求なのです。誰もが風を感じてますから。

 

一例として、過去に足首の靭帯を2回損傷して登り坂が苦手な妻が坂道で苦労していると、すれ違う誰もが、

「大丈夫ですか?手を貸しましょうか?」

と声かけしてくださったそうです。

今の日本では懐かしくなってしまった光景だと思いませんか?

私が学生の頃まではごく普通の日常風景でしたし、私は今でも街中で励行していますが、ときに怪訝な顔をされる事もあります。誰です?アンタの顔が怖いからや、と呟いたのは。

 

これはvibesなるハーレー雑誌の8月号に掲載された画像を拝借しました。

中列中央に写っているテンガロンハットの、革製じゃ無い方が私です。ルーペで探してみてくださいね(ふるっ!)。

肖像権・著作権上の問題がございましたら削除しますので、警告をお申し出くださいませ。拝受します。

 

このミーティングでの最長老は、御歳75歳やそうです。
その方とお話しして、私が
「ミーティングワッペンがまだ ベストにたった1つなんですよ」
と自虐すると、
「ワシにもそんな時があったんや」
と優しいお声をかけて頂きました。
ちなみにコワモテのその方の革ベストにはもう縫い付ける隙間が無くて、むえ七重にビッシリと縫い付けられていました。誰から表彰されるわけでも無い、なによりの勲章ですね。

現役でデカいハーレーに乗るばかりで無く、ミーティングで幹事を精力的にこなし、ツイッターフェイスブックを自由自在に操られています。

外見はともかく、志を持ち続けて体力も鍛え通し、何よりも周囲に気配りをされているご高齢の方と接し、日頃のストレスは雲散霧消する思いでした。

なんと乗り始められたのは、まだHONDAのCBが出る前だったそうですから。産まれてへんかも???

 

レプリカ、いや今はSSですか、それとかBMWとかドカなどのヨーロッパ乗りさんは、アメリカンを避けるかもしれませんね。志向があまりに異なりますから。

私も、かつてはそうでした。国産嗜好の私には、ハーレーに偏見があったかもしれません。取っつきにくそうやな、と。

 

しかし、昨秋初めてミーティングにお誘いを受けて参加して、回を重ねるうちにその偏見は見事に吹き飛びました。気は優しくて力持ち。ナイスガイが多いですよ。私は病弱ですが。

 

以前も書きましたが、同じオートバイ乗り、いがみ合いたくは無いです。

変な例えですが、野生動物の間では、棲み分けをしている個体同士では争いをせず、喰わないと山の師匠に聞きました。

例えば、ツキノワグマは同じような生息環境に居るニホンカモシカを襲わないそうです。

 

オートバイの国内販売が振るわず市場がどんどん縮小して、同時に賃貸住宅物件のオートバイ置き場も殆ど見受けられなくなってきた昨今、オートバイ乗りの肩身は狭くなる一方です。

 

暴走行為は謹んで、4輪にも迷惑を掛けないような運転を心掛け、もっと楽しく安全なのりものである事を啓発・啓蒙しませんか?

 

手前勝手な論理ですが、山へ軽装で登るのを注意する事を過干渉と思われるのが大キライなくらい、この文章を読んでウザいと思われる方にはあまり乗って欲しく無いです。どうかそんな方は床の間にオートバイを飾っておいてください。

 

さあ、分子標的薬のアバスチンと抗がん剤のフルオロウラシルが身体の隅々まで回ってきて、二日酔い状態でシンドイから寝よーっと。

2017.7.14

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

 

改名/ペケヨン改めサンパチへ 〜昔の名前で出てきます〜

f:id:acsekitori:20170714001408j:image

2017.7.14 エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

今日は、ホンマの自己満足ネタです。まったく人の世に役立つ事はございませんので、悪しからず。

今の愛馬の納車前、そのHONDA X4 typeLDの事をペケヨンと名付けました。理由は、前車XJR400R(ペケ)を愛するあまり、想いを引きずっていたからです。

しかし、先日ある方にブログのコメントをしたところ、ペケヨンではなんのバイクかわかりにくい的なご指摘をいただきました。

確かに、XJR1300に対しての、XJR400R。つまり、ペケジェイアールの400みたいですね、ペケヨンだと。

 

そして、そろそろ前車ペケへの未練も断ち切り、新しい愛人…やなくて愛馬を純粋に愛するためにも、愛称を改称します。

それは、

「SC38(サンパチ)」

です。 先日の拙文にもしたためましたが、X4 typeLDの正式名はCB1300DCで、X4 typeLDはホンダが命名した愛称なんです。シビックとかプレリュードみたいなもんですね。NSXのほうがわかりやすいかな?

で、型式名がSC38。この呼び方はポピュラーで、バリ伝の巨摩 郡が駆るCB750F(エフ)がRC04、教習所でお馴染みだったCB750がRC42などと、型式名で呼ぶ人が多いですね。

これらはモデルチェンジを繰り返して、ギネス級に長寿のバイクならではの呼称で、名前はほぼ一緒なのに形がまったく違うのを識別するためにそう呼んでるみたいですね。

我がX4 typeLDのようにフルモデルチェンジせず1代限りだったオートバイを型式名で呼ぶ例は少ないかもしれません(厳密には初代がX4、マイナーチェンジでローダウンしてX4typeLDに。どちらもSC38)。

 

が、私は昭和38年、花のサンパチ生まれですので、縁起も良い。

決めました。サンパチです。

しかし、文中でいきなり、

「サンパチで山を走ったよ」

みたいな書き方をすると、マニアならSUZUKI GT380を連想するでしょうし、よくオートバイを知らない人は

「サンパチ?なんじゃそら。ウソのサンパチか??」

てな事になりますので、本文中ではSC38にします。以後、よろしうお見知り置きを。

 

ついでと言ってはなんですが、以後は二輪全般の話題を論じる時はバイクでは無く、オートバイと呼称する事にします。

これは単なるこだわりです。

大好きな小説、

「彼のオートバイ、彼女の島」

も影響しているのでしょう。 

バイクでもモーターサイクルでもなく、オートバイ。なんか響きが良く、爽やかな印象を受けませんか?私だけかな。

 

さあ、愛する子の呼び方も変えたところで、今日から入院2回目の抗がん剤治療

がんばるで〜!

2017.7.14

 

 

歴代愛車/オートバイ編 〜ありがとう、過去の英雄たち。貴君らのおかげで生きてます〜

f:id:acsekitori:20170712160342j:image

2017.7.12 備忘録

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

以前、歴代の車泊クルマを列記しましたので、覚えているうちに今度はオートバイ遍歴を振り返っておきましょう。

 

acsekitori.hatenablog.jp

1.SUZUKI TS50 ハスラー

記念すべき、我がバイクライフ原点のオフロードバイクです。

門真の試験場に原付一種免許だけ取りに行き、初めて触るクラッチやスロットルにおっかなびっくり練習したのも懐かしい思い出です。このバイクで校則を破り高校近くの秘密の置き場所まで通っていた、品行方正なる不良少年でした。

友人が次々と親から買ってもらった中型バイクに乗り換えるのを横目に、高校卒業まで私の山行きの足となり、林道を頼もしく駆け抜けてくれた良き相棒でした。

 

2.SUZUKI RG250E

晴れて高校を卒業して進学も決まり、中型限定免許を取得してバイトで買った2ストかっ飛び車です。スペックではモデルチェンジしたガンマには遠く及ばず初代RZにも負けていましたが、乾燥126kgと軽量で、同じく57kgと超軽量だった当時の私には充分速すぎるやつでした。

むしろ馬力を低速トルクに割り振っていたので、RZほどジャジャ馬ではなく、ツーリングでも楽しい走りを味合わせてくれました。

 

3.HONDA MVX250F(MC09)

当時は単位も順調に取り、山岳部活動に勤しみながら2つのバイトをこなしていましたので、結構資金には余裕がありました。その分を学費に回せば良いものを、バイク三昧です。スンマセン、雲上の父上。かたじけない。恩にきます。

このバイクはやはり今に通じる反骨心から購入した珍品です。皆が乗ってるRZやガンマ、VTには目もくれず、世界初の2ストV型3気筒に惹かれて買いました。結果、ツーリング中の北陸道で見事に焼付き。給油の度のオイル補給にも嫌気がさして、4ストに心動いて行った最後の中型2ストです。

加速はさすがでしたよ。RG時代も含め、コーナーで750をよく抜き去ったものです。若かったなあ。

RS TAICHIのワンピースツナギに10万円も使ったバブリーな頃の話です。

 

4.Kawasaki GPz400F

少しオトナのバイクが欲しくなり、初の400です。

タンクに付いている燃料計や、初めてのハザードが嬉しくて、追い越しする度にチカチカ光らせてました。

どノーマルで乗ってましたが、空冷四発にタペット音。川崎やの〜、って感じでした。加速はイマイチでしたが、高速道路のハイスピード巡行はハーフカウルのおかげで快適そのもの。

未だ一回しか行けてない北海道ツーリングに行ったのも、こいつとでした。

ところが社会人になり極悪地帯のアパートに住む友人宅に泊まった時に、盗まれてしまいました。許さん!

 

5.SUZUKI GF250

初のバイク盗難に遭い、傷心を癒すためになんとなく買いました。一度身に染み付いた直列4気筒、四発の魅力には抗えません。

車体はちっこいのですが標準で集合マフラーが付いており、なかなか良い音を奏でていました。しかし、加速は推して知るべし、です。まあ、近所のお散歩バイクですね。

 

6.HONDA CBR250R1988(MC17)

結婚・出産・自宅購入と、バイクから降りる3要素が続き、お約束でブランクが何年かありました。

しかし、私のバイク虫はそんな事で収まってません。阪神大震災で寸断した鉄道代わりの通勤に使用する、との表向きの理由で、どうせなら走るやつにしたろ。とお初のレプリカです。

まだ子供たちが幼いというのに、革ツナギを引っ張り出して六甲や生駒を攻めに行きました。その頃後輩達を引き連れて登頂したおフランスモンブラン山行と合わせて、離婚の第一原因でしょうね。第二の原因は?覚えてません。オンナ嫌いですから(笑)

本格的なレーサーレプリカ全盛時代に送り出されたこいつは、YAMAHAFZR、SUZUKIのGSX-R、KawasakiのZXRと並んで45馬力のホットなヤツ。タイトなコーナーでは大型もミラーに消えて行きました。本気で死ぬんちゃうか?と思ったのもこいつです。以降、大人しくなりました。

 

7.HONDA NX125(JD09)

ちょっとだけバイクが怖くなり、買い換えた原付二種。

しかし、すぐに初の対自動車事故に遭ってしまい廃車。飛び出してきた老害軽トラにチープなフロントブレーキが間に合わず、衝突したのです。その時のヘルニアが、未だに頸椎C5/6に残存しています。

しかし皮肉なもんですな。速いバイクに怖気づいて乗り換えたら事故。。。CBRなら、強力なフロントブレーキで事故らなかったかも。いや、タラレバはやめましょう。こうして生きているんやし。

 

8.Kawasaki KSR80

リハビリの足に、ホンマに飛ばしようのないミニミニバイクを買いました。

なんか意地でも乗ったる感満載ですね。形はオフロードですが、タイヤがちっこいので遠くへは行きませんでした。可愛いけど、下駄。

 

9.SUZUKI GSX250F アクロス

上の画像のバイクです。

離婚や転居でまたしばらく間が空いてましたので、地味なバイクを。って事でヤフオクで13万くらいで落札したのですが、なんのなんの。

このバイク、燃料タンクはダミーで、そこにフルフェイスがすっぽり入る珍車なのですが、実はエンジンはGSX-Rのデチューンで走る走る。

その頃のレプリカは、競争の激しさから公表馬力よりもかなり高い実馬力があったとまことしやかに噂されていましたが、実際すごいパワーでした。軽いので、GPz400Fよりも加速は良かったです。

しかも、経年劣化により純正のヨシムラ集合のうるさい事ったら。フルカバードのせいもあり、とても250には見られませんでした。

 

10.SUZUKI GN125→EN125の間違いでした。ネイキッドのほうです。

 

がんが再発してオペを終え、休業を余儀なくされていた時、四輪もなかったので下駄代わりに買いました。しかし鈴木が好きですな。実は隠れ鈴菌保有者なんです。

下駄の本領発揮で燃費は抜群に良く、リッター50kmくらいはシレーっと行きました。知り合ったばかりの現妻(現地妻ではなく今の愛妻です)と、ちっこいシートにニケツして海山に必死のパッチで行った思い出の原ニです。

 

11.HONDA NV400カスタム(NC12)

125ではしんどいなあ。でもゼニはおまへんで。さあどうする?

困った時のヤフオクですよ。車検1年付き、ETC車載器まで付いててなんと六万円でした。横浜まで青春18きっぷで2人仲良く引取りに行きましたよ、何故か草津温泉に泊まって。

初のアメリカン、ヤフオクの放置車両の悲しさでキャブは詰まり気味でしたが、バラす場所がないし元に戻す自信もない。5,000回転までしか回らないエンジンでも、V型2気筒は低速トルクタップリでそこそこ楽しませてくれました。

殿様乗りで、運転中ガハハハと笑いが込み上げた初のバイクです。緊張感ゼロ。

1年乗って¥45000で売れました。コスパ最高ですね!

 

12.YAMAHA XJR400R

このブログで3月まで活躍してくれた名馬です。

空冷四発にBEETのチタンフルエキの快音は一生忘れないでしょう。

XJR1200用のフルパニア、ドイツクラウザーK2を無理やり装着しましたので、タンデムシートが半分侵食されてました。妻も、その劇的な狭さを一生忘れないでしょう。フルパニアは無事に現愛馬に引き継がれて安住しとります。

買ってすぐにガソリンタンクの錆がフューエルコック周りに蓄積し、1ヶ月入院させた不憫なやつで、他にも度々プチ故障をしでかしてくれた金食い虫でもありました。

 

13.HONDA CB1300DC X4 typeLD(SC38)

まだ買って2ヶ月弱の現役バリバリです。

大型二輪免許を取得する前に契約した可愛いけど黒いやつ。多走行ですが、そこは世界のHONDA。まったく、寸分の不調の兆しもありません。トルクアート、パワードカスタムの飾り言葉に恥じぬ、100馬力とは思えぬ怒涛の加速。不用意にスロットルを開け過ぎると免許が無くなるだけでなく、首がもげます。

燃費は下道ツーリングで約20km、高速をかっ飛び混じりで約17~8kmと、満足な数値です。安全運転ですから。

ビキニカウルから、シックデザインのガイラシールドに交換しましたが、効果は抜群。渋滞気味の下道では角度を一番伏せて胸に風を受け、高速道路では最大限立てるとヘルメットにしか風を感じません。

これとフルパニアで、ツアラーが完成しました。タンクは15リッターですが。

 

 

と、国産全メーカーを渡り歩きましたが、どのメーカーにも長所もあれば欠点もあります。と言うか、私はメーカーよりもオートバイそのものを愛しますので、拘りはありません。

カメラやPC、クルマなどの機械モンは、生命があるかのように、愛して手を掛けてやればご機嫌ですし、ほっとけば拗ねてしまいます。妻や恋人と同一ですね。

その中でもその傾向がいちばん強いのが、オートバイではないでしょうか。

暑くてバテそうでも寒さに震えても、エンジンをかけて走り出してやる。それこそが、オートバイがいちばん待ち望んでいる事だと思っています。

 

さあ、明日へ向かって走ろうぞ!

2017.7.12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑感/キャンプ 〜草のしとねに寝転んで〜

f:id:acsekitori:20170710222147j:image

2017.7.10 野外活動エッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

最近、我が家のキャンプ形態が変わってきました。がん発病から去年の夏頃までは、ほぼ車中泊オンリー。たまに上高地小梨平でテントを張るくらいでした。

上高地にはマイカーの乗り入れができませんので、仕方なく、って感じでした。

それが、昨秋にバイクミーティングにテント泊で行って以来、幕営の割合が増えてきたのです。

最大のポジティブ的理由は、バイクを400から1300に乗り換えたこと。これで、積載量が段違いに増え、走行も安全になったのでタンデムの我が家でもバイクキャンプに行けるようになったからです。

 

対して、ネガティヴ的要因。これは、最近の道の駅での車中泊に嫌気がさしてきたからです。ここのところ、攻撃的な論調が増えてきましたが気にせず言うと。

道の駅の、夕闇が支配するようになった頃。彼方此方の軽バンや古いワンボックスなどから、ゾワゾワとゾンビのように老人たちが這い出てきます。そして、トイレで洗い物をする者、歯磨きをする者、同類を見つけて立ち話を始める者etc。

決して老人だけではありませんし、かつては私も歯磨き程度はしていました。

これが、こちらが気にせず見ないで済むなら別に気にもなりません。しかし、彼らのほとんどは単身者でヒマを持て余しているのでしょう、こちらが車中泊をしているのを発見するとas soon asこちらへ猪突猛進してくるのです。

で、ほぼ決まったように、

「自作なの、これは?なかなかうまいことしてるじゃん、ニイちゃん」

なんやねん、馴れ馴れしい。何がニイちゃんや。アンタみたいな老けた弟を持った覚えは無い!

関東弁での表現に悪意はありません。一応、全国区の方言として。

さらには、

「ちょっと中見せてよ」

「イヤじゃ、アカン」

普通、人の家の中、それも寝室を覗き込みますか?まあ公共の場所ですから、犯罪にはならないでしょうが。

で、私はキッパリと立ち話を断ります。定年後に見よう見まねで始めてみた貴方と情報交換などせずとも、私には35年の経験値があります。

冷たいようですが、しかし平身低頭教えを請う人に対しては、ささやかなアドバイスをする事もあります。

が、さっきのような不躾な老害、いや老人は、決まって人のを軽く見た後にとうとうと自分の車上生活用車内自慢が始まるのです。闘病の息抜きに来て、しかも病院の老人達から逃げるように旅をしているのに、何が悲しいてここで貴方たちの自慢大会の審査員をしやなあかんのや。

 

おっと、軽く書くはずだったネガティヴ要因がずいぶんエキサイトしてしまいましたね。やはり私はGGBBを問わず、行儀悪くあつかましい年寄りが嫌いなんでしょう、自分も年寄りだというのに。

 

さてみなさん。

テント。なんて素晴らしい響きでしょう。程よく手入れされた芝の上に、湿気防止のためグランシーを敷いてからテントを張る。その寝心地たるや、どんな高級キャンピングカーも叶いません。

ファスナーを全開にして、蚊帳だけ閉めれば虫は入らずに風は通り抜けてくれます。酷暑のキャンプにはもってこい。

ウチには3つありますが、1人用・2人用・6人用と、妻と寝るには帯に短し襷に長しでしたので、先日モンベルの名作ムーンライト5というややこしいネーミングの、5人用と思わせて実質3人用を追加購入しました。

火器やコッヘルなどのキャンプグッズも、2~30年かもっと経過してずいぶんと年季が入ってきましたので、鋭意更新中です。

 

が、決して車中泊をやめるわけではありません。遠方へ旅をする時は毎日キャンプ場へ寄っていると時間のロスですし、ショバ代もかかる。それに、豪雨の中の設営撤収は大変です。

ですので、今後は往復の道中は高速道路のSAでフードコートメシか買っておいた惣菜などを食し、テレビで情報収集しながら寝る。間はオートキャンプ場でBBQなどを楽しむ、もしくはRVパークにて車内自炊を行う。雨がきつく下道の時は、やむなく道の駅をひっそりと仮眠に使う。

こういうスタイルになると思います。

 

そして何よりも、いま私をワクワクさせているのはHONDA X4 typeLDでのキャンプです。学生に戻って初心からやり直す気分が満喫できますから。

 

閑話休題

そのバイク名、いつもはペケヨンとかX4と略称で読んでいますが、正式にはHONDA CB1300DC なんです。伝統ある、ホンダのCBなんですよ。

でも、このX4のエンジンをベースにして、ベストセラーであるCB1300SFが登場しましたので、CBの1300と言えばそっちになっちゃってます。

昔からCBには亜流があり、名車CB750F(略称エフ)に対して、CB750カスタムやエクスクルーシブなどの四発アメリカンが存在していました。その末裔ですね、ペケヨンは。

 

そんなことで、年に二回HONDA主催で開かれている、CBミーティングにも参加資格があるんです。

 

一回は何千台ものCBに埋もれてみたいなあ。いつもハーレーの渦に巻き込まれてるから。。。

2017.7.10

X4 typeLD タンデムツーリング日誌/いつもの針テラスから笠置へ 〜溜まったストレスを吐き出すのはやはりこいつとか〜

f:id:acsekitori:20170708203705j:image

2017.7.8 タンデムツー奈良・京都・大阪

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

今日で今回の入院生活も折り返し点。どっかのオバ・ハーンが幼児二人連れの娘を自分の大部屋に泊まらせ、早朝6時から廊下で騒ぎまくる幼児に、温厚で知られる?私もストレス溜まってました。

ここは病院のがん患者入院病棟やぞ。重篤な症状ならいざ知らず、自分さえ良ければええんか。まったく、シバク・ドワレ。

と、誰かが思ってるかもしれませんね。わたし?私は思ってませんよ、そんなこと。イヤやわ〜〜(笑)

その影響から続いたネガティヴブログも昨日でオサラバして、また可愛いペケヨンちゃんに戻りましょう。

 

さあ、54歳初の言語道断ツアーの始まりです。

 

f:id:acsekitori:20170708204412j:image

伯耆大山から帰ってから中18日。

こんなに乗らなかったのは購入後初めてです。朝、amazonから届いていたキジマ製のハイウェイペグをササッと付けてから出発しましたが、この写真を撮ったあと、片っぽがどっかに旅に出ました。やはりメンテナンスやパーツ取り付けは、心身ともに余裕のある時に実行するべきですね。海より深く反省。

 

f:id:acsekitori:20170708205010j:image

f:id:acsekitori:20170708205826j:image

コンビニに寄ったのは納品の切手購入のためで、飲料は愛しい妻が昨夜から水出ししてキンキンに冷やしてくれていた緑茶をテルモスに入れて行きました。片手で撮ったらテルモスが後ピンになってもうた。企業名やからちょうどええか。

余談ですがこのテルモス、今は英語読みのサーモスと読むらしいですね。私は現役の頃のドイツ語読みが身から離れず、妻が怪訝そうな顔をします。

 

f:id:acsekitori:20170708210209j:image

今日の行き先は、毎度おなじみの道の駅針テラス。いつも奈良盆地を縦断すると、近鉄奈良線がネックになります。今日はいつもと違い、名阪国道天理ICを直接目指すルートを取りましたが、やはり富雄駅近辺で渋滞に捕まりました。

それを抜けたら、長閑な田舎道です。やっと涼しい風を感じるようになりました。

 

f:id:acsekitori:20170708210821j:image

少し道を間違え、西名阪道郡山ICに出てしまいました。もちろん有料は使いませんが、京奈和道の工事が見れて楽しかったです。この無料高速、来たる8/19にここ郡山ICから阪和道和歌山JCTまでが繋がりますのでずいぶんと便利になるのですが、残る郡山IC〜木津IC間は奈良の都のど真ん中、平城京を貫きますので遺跡の宝庫。完成は私の存命中にあり得るのでしょうか。

→追記 橿原で一部工事区間が残るそうです。

 

f:id:acsekitori:20170708213528j:image

少し走って名阪国道天理ICから空いている無料ハイウェイをひと走り。直ぐに針テラスに着くはずだったのですが、様子が変です。

最近は東から行くことが多く、久しぶりに西から向かったのですが、出口標識を見落として二つ先のICまで行き過ぎました。ちょうどその標識を妻が撮影してたのですが、ほとんど樹木で隠れてるやん!

折り返したら、他の出口標識も隠れているところが散見されました。

いくら無料とは言え、これはアウトでしょう。脇見事故を誘発しますよ?

頼むで、名阪国道の管理者君!

覆面PCも、スピード違反摘発にばかり血眼になって無いで、ちゃんとこういうミステイクも指摘して下さい。縦割りの弊害ですのんか?

→よく考えたら、この看板に関してはSAではなくて道の駅でしたね。なら、私企業で管理外か。緑色にするからややこしい!すんません、言い過ぎました。以後気を付けます(´・ω・`)

でも、他のIC標識も隠れてましたよ!

 

自画自賛ならぬ自妻自賛ですが、妻はホンマこういう痒いところに手の届く仕事をしてくれます。報道カメラマンの資質ありかな?

 

f:id:acsekitori:20170708212158j:image

針テラスのバイク展示場へ行く前に、隣にある京都王将にて昼食をば。餃子定食¥780です。やっぱ病院食は美味いね。違うか。

 

f:id:acsekitori:20170708212446j:image

f:id:acsekitori:20170708212512j:image

途中の温度計は、摂氏35度を示していました。こんなクソ暑いので、バイカーライダーはもっと少ないかと思っていましたが、結構いてます。

共に頑張ろうぜ、同志諸君!我々のバイクへの熱き想いは、厚きアスファルトをも溶かすであろう!いや、危ないから溶けんといて。

 

f:id:acsekitori:20170708213020j:image

想いは熱くても一向に構わないのですが、がん患者が熱中症になるととてもややこしい事態に陥りますので、サクッと室内に避難します。業務用の巨大クーラー前で人心地。

もちろんいつものオープンテラスでカフェを決め込むなどの暴挙には出ず、早々に走り出します。

今日はぜんぜんルートを考えて来ませんでしたが、名阪国道をただ往復するのもつまらんので、R369を笠置に向かうことにしました。

 

f:id:acsekitori:20170708213300j:image

f:id:acsekitori:20170708215025j:image

日本の原風景みたいなところを快走しますが。。。

 

f:id:acsekitori:20170708215150j:image

R369を離れて県道4に出ると、途端に悪路になります。舗装はされていますが、ほとんど林道。けっこう交通量もありますので、対向車厳重注意です。オーバースピード厳禁。

 

f:id:acsekitori:20170708215503j:image

まだ死にたく無いので這うような速度で林道区間を抜け、意匠が面白い橋に出ました。

 

f:id:acsekitori:20170708215633j:image

f:id:acsekitori:20170708215652j:image

これまたごく狭い笠置の集落を抜けると、木津川河原にある笠置キャンプ場に出ます。最近はオートキャンプ人気が再燃しているみたいで、どこのテントサイトも賑わってきましたね。

懐かしの赤いトラス橋を渡ると、トラック街道、R163に出ます。

 

f:id:acsekitori:20170708215959j:image

後は木津川の堤防上にあるR24と、枚方へ向かうR307で渋滞にもハマらずにすんなり帰宅できました。

 

f:id:acsekitori:20170708220151j:image

と、ここまでのは全部白昼夢を見たことにして下さい。妄想族ですので。これはれっきとした社会復帰へのリハビリです。

腕に焼きついたプロテクタの日焼け痕も誇らしげに、パラマウントベットで快眠するとしますか。

 

ああ、楽しかった。甲羅干し、終了!

 

走行約120km

燃費不明

2017.7.8

 

 

 

 

 

 

 

闘病記/抗がん剤は悪なのか? 〜未だにそんな事を言ってると笑われますよ〜

f:id:acsekitori:20170707222423j:image

2017.7.7 祝いの日のエッセイ

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

今日は思うところをごくシンプルに。

最近、著名な元女子アナさんが亡くなりましたね。もう、安らかにしてあげたらと思うのですが、まだまだ連日芸能ニュースなどで取り上げられているようです。

どうかそっとしといてあげてください。彼女のご冥福を祈ります。

 

さて、それをタイムリーと医療系ライターが躍起になっているのか、医療系記事もがん関連が多くなっているようです。関心を持ってもらうのは喜ばしい事なんですが、今日の表題通り、未だに

抗がん剤は悪である!そんな毒物を身体に注入するのは百害あって一利無し」

みたいな表現が、素人だけではなく医師の文言からも窺えます。有料で著述している医師も存在しますね。

 

あはは。人の逝去の話をした後に不謹慎ですが、笑ってしまいます。

そうやって、自らが主宰する自由診療へ誘導したいのでしょうか?

確かに先日、拙文でも抗がん剤は毒薬指定です、と述べました。

だからなんです?がんを死滅させるための毒薬じゃないですか。もちろん、副作用はあります。しかし、卑弥呼の時代ならいざ知らず、もう鉄腕アトムが飛んでてもおかしくない21世紀ですよ?

がん細胞にも正常細胞にも同率に悪影響を及ぼすような創成期の抗がん剤しかないわけ無いじゃありませんか。

 

ピンポイントで攻撃する抗がん剤抗がん剤ではありませんが、分子レベルで兵糧攻めをする分子標的薬。

私が年末から受け始めた抗がん剤では、使用前に副作用がいかほど出るかを調べるDNA検査も受けました。 

吐き気には有効な吐き気止め。下痢には輸液などのコントロール

時代は日進月歩で進んでるんです。

 

実話として治療を受けている身から報告しますと(体験談と書くと、いかにも怪しいのでその表現は使いません)、私が現在受けているのは健保適用の標準治療です。依って、高額医療費制度の対象でもあり、一回何十万円もする薬剤を使用しても、月に数万円でリミッターが効きます。

この標準治療の抗がん剤で、私の全身を巡っているがん細胞は抑えられ、転移再発は最小限で済んでいます。もし抗がん剤 治療を拒否していたら、おそらく一昨年か昨年、生命を落としていたでしょう。

 

医師や製薬会社が儲けるための抗がん剤開発である、との意見は私感では論を待たない愚論であると思っています。多少なりとも経済原則を学んでいれば、解るはずです。設備投資や研究開発費を知ればある程度納得できますよね。

医師と企業の癒着事件が表面化すると、十把一からげに全てが悪だ!と唱える人がいますが、冷静に判断しましょう。その論調は、ワイドショーで芸能人の不倫を叩くものと同一になってませんか?

 

もちろん、インフォームドコンセントセカンドオピニオンは重要です。

患者本人も家族も、真剣に討論の時間を持つべきです。そして自身の中で確固たる方針が定まったら、今度は臆する事なく医師と対峙すべきでしょう。

 

行こか戻ろか立ち止まろうか。それを決めるのは医師ではなく、ましてや外野の声ではなく、患者本人です。

2017.7.7

 

闘病記/カミングアウト 〜大いなる肉よ脂よ〜

f:id:acsekitori:20170704100424j:image

2017.7.4 現状記録

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

実はわたくし、体重が昨日の段階で81kgもあるんですよ。身長まで記述すると個人が特定されてしまいますので秘匿しますが、明らかに標準体重オーバーです。5日前の入院時は、83.5kgでしたから、1日当たり500g痩せたことになりますね。ほとんど食べず、基礎代謝を割っていますから当然でしょう。

ここで疑問が生じますね。抗がん剤治療を3年継続してそのペースで痩せていて今の体重があるなら、3年前にはいかほどの巨体だったのか?と。

それが、ほぼ変わって無いんですよ。忘れましたが、おそらく78kgくらいでした。

ん?増えとるやないか。

この病院の化学療法七不思議のひとつに上げられているらしいのですが、痩せないんですよ、私。

 

よくナースに、

「あと10kgは絞らんとなあ」

などと雑談すると、

「ダメですよ!現状維持できるかどうかが、この治療を続けられるかどうかなんですから」

と、たしなめられてしまいます。

確かに、周囲の状況を鑑みるに、そうなのでしょう。骨と皮になってしまえば、歩く事もままなりません。そうなるまでは随分遠き道のりですが。

が、急変するのが末期がん特有の症状ですからね。努力して旨いものをたらふく食べるように心掛けますか。

 

ここで中学の保健授業に戻りましょう。

人間を含む哺乳類は、カロリーを摂取して、それから変換されたエネルギーを消費する事によって生命活動を行いますよね。

よくダイエットのためにカロリー摂取を控えるとか言いますが、思考が逆です。

もしダイエットしたいのなら、カロリーはそのままに(過剰摂取はダメですが)、消費を増やせばいいのです。

人間、腹さえ満ちていれば、運動するくらい容易いもの。何も高額なジムに通ったり、なんの感動も無い近所でのウォーキングなどしなくても、好きな風景を見に行けば良いのですから。歩いてでも、チャリンコでも、バイクでも、たとえクルマでも、駐車場から遠目のスポットへ。例え週一でも、身体を動かすのと寝てるのでは大きく違います。

 

カロリー摂取を控えていると、これができなくなります。頭にも筋肉にもエネルギーが充分補給されず、やる気がでません。

結果、休みにはどこにも行かず家で筋肉を落としてしまい、代謝の少ない身体になってお菓子などを口にして余計に脂肪を増やしてしまうものです。

 

私の身体の仕組みを解説しましょう。

まず、大腸を半分にして、胆嚢を取り去り、肝臓の先っちょも切り取りました。肝臓は再生しますが、結構な軽量化ではないでしょうか。クソ重たいノーマルマフラーやエキパイをチタンに換えるようなモンですな。ちょっと違うか、必要パーツまで外してますから。

その少なくなった五臓六腑を守るために、各パーツの間に内臓脂肪をたっぷりと仕込んであります。

その外側に、長年に渡り鍛え続けた筋肉が存在しています。これは自信あり。

がしかし、いくら鍛え抜かれた鋼のような筋肉でも、アスファルトに投げ出されて強打すれば、簡単に壊れてしまいます。

そこで、その大事な筋肉を保護する目的で、セッセと皮下脂肪をしこたま溜め込んだのです。主に腹部を重点的に。

 

これで現在の、冬眠前のツキノワグマ然としたボディが完成しました。この蓄えで、辛い修行のような治療を乗り切るのです。

 

話変わって。 

入院も1週間を超えると、どうしても体力が落ちてきます。一日中ベッドの上ですし、安静のために入院しているのですから当然ですね。

しかし、私には大事な仕事と、もっと大事な遊びがあります。このまま体力を垂れ流して失ってしまう訳にはいかないのです。

で、どうするか。

外出許可を得て教習所へ通ったりツーリングするなんて言語道断ですし、現実的ではありませんので割愛して。

私は文章を書くのが好きですし、仕事上もしょっちゅう書かないとなりません。

本気の書類等はMacBookProが登場しますが、ブログやLINEなどはウダウダと寝転んで携帯端末で打ったりします。その時に、ホントにしんどい時は軽いiPhoneになりますが、ソコソコ元気ならば、iPadを使うようにしています。

私の第二世代iPadは、クソでかい上に分厚く、しかもカバーを付けていますので結構な重量なんですよ。これを仰向けになり両手で上げ下げしながら文字を入力すると、1時間もすれば腕に良い張りが出てきます。

毎日8時間くらいはその体勢を持続していますので、これで上腕筋はセーフ。広背筋と大胸筋にも、少しは効果があるようで、体型は変わっていません。

 

いちばん問題なのが、大腿筋ですね。

狭い院内をぐるぐる歩き回っても直ぐに飽きてしまいますし、そんな動物園のクマ状態のオッさんにウロつかれたら、善良な患者のみなさんに迷惑です。

そこで、こればかりは少々安静とは遠ざかりますが、可能な限り外出許可を得て自宅に帰り、愛馬を押すのです。たまには始動させますよ、ごくたまに。

タンデムすると0.5トン近くあるその黒いお馬さん。信号待ちで支えるだけでも結構な筋トレです。逆に言えば、入院中何もせずに筋力を落としてしまうと、乗れなくなるのではないでしょうか。

 

こんな感じで、日々ボディの研鑽に励んでいる今日此の頃です。

2017.7.4

 

 

闘病記/私の化学療法の現状 〜押し寄せる倦怠感に抗う気力も無し〜

f:id:acsekitori:20170703211223j:image

2017.7.3 現状記録

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

久々にネガティヴに論調を進めていきましょう。

最近の記事では、遊びの絵日記や愛車の改造記録ばかりをアップして、まるでがんには触れていませんでした。読んでいただく方にとってはどうでも良いことですが、これでは私、もしくは妻が振り返った時に、あの頃の病状はどうやったんやろ?となりますので、時々は記録しておきます。

 

少しくどいですが、あらすじをば。

2007年9月に上行結腸右半部に、ステージ3Bの悪性腫瘍を発見、原発巣と共に小腸の一部から結腸の半分程度、及び胆嚢を切除摘出。転移が確認されたリンパ節3部位を郭清するも、残っているだろうとの執刀医の所見。

5年以内に転移・再発の可能性が高いため、術後補助化学療法を半年通院にて行う。

2011年8月に、肝臓に転移確認。2cmの腫瘍が一箇所のため、腹腔鏡にて切除。

この段階で5年生存率は数パーセントに下落するが、単なる統計学に過ぎないと意に介さず。

2014年5月に、腹部大動脈周囲リンパ節に2部位転移を確認。既に全身にがん細胞が回っていることが容易に想像できるためオペ対象外。胸部にCVポートを挿入し、Folfox点滴にて入院治療開始。

2016年11月に、左肺下葉部に転移確認。薬品を変えて、Folfiri点滴にて治療続行。

←いまここです。

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

 

もう、入退院は何回繰り返したか忘れました。

たしか、フォルフォックスは36回くらい、フォルフィリは今回で9クール目です。

普通は20回くらいで正常細胞か精神が限界を来し、治療を止めるか民間療法へ移行したりしてがん細胞の増殖に抗えず、終焉を迎えてしまうそうですので、きっと私は例外なのでしょう。

しかし、運も実力の内!この運を呼び込んだのは、高校時代から2014年の転移前まで続けていた、3000m級登山で培った体力と精神力、そして判断力だと自負しています。

ナルシストと言われようが、オレ様と呼ばれようが、あんたが大将!と揶揄されようが、一向に気になりません。

その周囲を気にしない精神力こそが、私の登山の原点でしたから。

みんなが行くから行く、みんながやめるからやめとく。

そのような金魚の糞的発想こそ、大きな事を成し遂げる最大の障害物である事を若い内に教えてもらえましたから、大いなる高峰に。

 

ずいぶん意気がりましたね。こうやって、地の底まで落ち込む一方の気力を奮い立たせる私の常套手段です。

 

昨日の朝に50時間ほどの点滴が抜けましたので、これを書いている4日目の夜くらいが毎回副作用のピークです。お食事中の方には失礼しますが、私が注入される薬剤の一部は、腎臓を経由して尿からは排泄されず、腸内から水分状にしか排出されません。

ご存知のように抗がん剤は毒薬指定品ですので、長期間体内に留まると様々な悪影響を及ぼす、諸刃の剣なのです。

人体とはよくできたもので、自然に肛門から排出しようとしてくれるのですが、困ったことに便意が無いまま排出される時があるのですよ。いわゆる脱糞、失敗ってヤツです。

自宅なら直ぐにシャワーを浴びて着替えれば、そんな失敗など婚姻の失敗に比べるべくも無い可愛いもんなのですが、病院だとキツイ。

風呂は順番制、場合によっては3時間程度待たなくてはなりません。

が、しかし、最悪臀部がビショビショになっても、病院なら天使達が控えてくれています。

 

問題は、まだ副作用が残っているうちの業務中や、一旦小康状態になって退院した時に出かける楽しい楽しいツーリングの時です。

私は幸いまだ屋外でトイレが間に合わなかった事はないのですが、緊急有事に備えて妻の生理用品、ナプキンを股間にあてがい、替えのトランクスを常備しています。

 

ちょっとばかし露骨な表現が過ぎましたかね。

しかし、これが闘病の現実です。もちろん、もっと壮絶な闘いをしておられる方はこの目で散見していますから承知していますが、それらを紹介するのは文の無駄なのでしません。

みな、軽くても重くてもそれぞれが闘っているのです。

 

自分だけは病気にならない。自分だけは事故に遭わない。もしそう思っている人がこの世にいるとすれば、その人こそがいちばん重症でしょう。

2017.7.3

 

車検と燃費 /対策と効果による美味肴の考察 〜アクセルと心の開度を抑えれば、向上は必然か〜

f:id:acsekitori:20170701084834j:image

2017.7.1 愛車メンテナンス

 

ランキングに参加しています。励みになりますので、お手数ですが押して頂ければ幸甚です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

どうも、シバク・ドワレです。

先日、グラのユーザー車検に行ってきました。点検と消耗品交換は先週九州キャラバン前に済ませていたので、運輸支局に持ち込んでラインを通すだけです。グラだけで今回で3回目ですので手順は慣れていますが、前2回は定員減の構造変更をしたため後部座席の固定方法や車重、寸法を測るなどの大掛かりなものでしたが、今回は継続検査ですのでアッサリしたものです。

 

acsekitori.hatenablog.jp

 

いつもと同様、ネット予約した日時に支局を訪れ、まずはお代を支払います。

車検手数料が¥1800、重量税が¥18000ちょっと。自賠責は¥24000くらいです(いずれも普通貨物1ナンバー1年分・不確かなのは領収書を自宅に置いてきたため)。

ついでに、5月に支払済ですが、自動車税が¥8800。消耗品を考慮しなければ、ほぼ軽乗用車と同額程度でしょうか。毎年車検の煩わしさはありますが、この維持費で国産最大級のミニバンに乗って旅をできるのですから、やめられません。自作の苦労(楽しみ?)も吹き飛びます。

 

で、維持費の中でも気になる、大排気量車の燃費です。

トヨタグランビアQ/フルタイム4WD 3400ガソリンレギュラー仕様です。年式は平成10年式。ショック・サスにヘタリは無く、アイドリングも一定、吹け上がりも快調です。

この様な状態で、車検前まで8000kmエンジンオイルを交換せず、添加剤も同じ距離投入せず。タイヤはプラットフォームが出たスタッドレスで、車検にあたりプラ数の高いブリジストンデューラーH/Tに交換。総て交換前で、高速道路8km/L、一般路渋滞込みで5~6km/L程でした。

で、エンジンオイル交換、タイヤ交換、フューエルワン投入。すると、長距離走行のおかげはもちろんありますが、高速道路が9.3km/L、渋滞込みの下道で8km/L程に改善されました。

いずれもほぼ法定速度遵守です。

 

f:id:acsekitori:20170701103053j:image 

 

九州行きの直前にガソリンが¥5/Lほど値下げした神風が吹いた恩恵もありますが、この差はデカい!

仮に¥5/L安く(実際には大阪¥123、最安は広島県東部の¥116、最高値は高速道路の¥138ですが¥2000のみの給油で切り抜ける)、平均¥120で入れたとして、満タン75L、予備タンを引くと約65Lを1回に入れるとして、2km/L改善して平均8.5km/Lで計算すると。

1回の給油で、

以前/¥125×65=¥8125。

改善後/¥120×65=¥7800。

1回だけならその差はたった@325ですね、燃費差は関係ありませんから。

 

しかし今回のキャラバンでは約1700km走りましたから、

以前/1700÷6.5=262L×¥125=¥32750。

対して、改善後は

1700÷8.5=200L×¥120=¥24000。

なんと、¥8750も安くついているのです。実際は前述の通り、高速道路のバカ高い料金では給油せずに、できるだけ最安値のGSを野性的直感で判断して@116とかで入れていますので、一万以上は浮いたと思います。ちょっとばかし旨い魚が食えますよね。

エンジンオイルやタイヤが如何に燃費に影響するかを如実に物語っていますね。

 

コンパクトカーや、その形状のハイブリッド車なら燃費差が倍を超えるでしょうが、車中泊や機材運搬がほぼ使用目的の私には、最初からアウトオブ眼中です(笑)

 

f:id:acsekitori:20170701103148j:image

 

このGS探しは、欲張り過ぎると悪い結果になりがちです。それまで高かった地域を通過して、安いな〜と思えるスタンドに遭遇しても、必ず次に行けばもっと安いとこがあるんちゃうか?との欲望、いや猜疑心が生まれます。これは証券取引や中古車・賃貸住宅探し、はたまた配偶者選びに通じるところがありますね。

人間、勝負所が肝心です。欲をかいてもロクなことはありません。自分がここぞ!と思ったところで決断しましょう。結果があまり良くなくとも、それが自分の運命だと割り切り、縁を信じて生きていくのです。

もっとええもんが欲しい、もっとたらふく儲けたい!

と思って理想を追い求めていると、素晴らしき出逢いやチャンスが目の前を流れ去っているかもしれませんからね。

 

f:id:acsekitori:20170701103236j:image

f:id:acsekitori:20170701134026j:plain

 

閑話休題

5月に買ったHONDA CB1300DC、通称 X4 typeLDの燃費はというと。

高速道路100km/h+αくらいの巡航で、約18km/L。

田舎の国道オンリーだと、制限速度を遵守して約20km/L。

いずれもタンデムオンリーです。

 

改善されたとは言え、グラとペケヨンでは倍ほどの燃費差が有りますし、中型時代よりも燃費が良くなりましたので、大型二輪購入計画は大成功でした。

 

上手に使い分けて、ますます清貧に遊んだる!

2017.7.1